米国がイラン司令官を殺した「空の暗殺者」日本初配備

北朝鮮の7回目の核実験切迫説が強まる中、空中偵察と監視のほか目標物打撃まで可能な米軍の無人攻撃機「MQ-9リーパー」が日本に配備された。

米軍インド太平洋司令部は23日、鹿児島県の海上自衛隊鹿屋航空基地でMQ-9リーパーを運営する米軍第319遠征偵察中隊(ERS)発足式と指揮官アレクサンダー・ケリー中佐の就任式を行ったと26日、明らかにした。

昨年9月南部アフガニスタン上空を飛行した米軍の無人攻撃機MQ-9リーパー

MQ-9リーパーは最大上昇高度15キロ、最大時速約480キロで、最大14時間まで上空を飛行できるという。重さは4.7トンで、航続距離は約5900キロ。また、広範囲な探知が可能なセンサーと精密打撃が可能な武装能力まで備え、「世界最高軍用無人機」と評価されている。2020年にイラク・バグダッド空港に降りて車で移動中に米軍の攻撃を受けて爆死したイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のカセム・ソレイマニ司令官が、MQ-9リーパーの攻撃を受けたと分かった。

MQ-9リーパーがインド太平洋地域に配備されるのは今回が初めて。米軍が無人機の配備を公開したのは、北朝鮮の7回目の実験切迫説と台湾問題をめぐる米中対立などの問題の中で、米国が北朝鮮などに公開的に警告のメッセージを送るという意図があると分析される。

韓国の国家情報院は先月28日、情報委員会全体会議で業務報告をし、「北の豊渓里3番坑道が完成し、核実験の可能性が高まった状況」とし「北が7回目の核実験を敢行する場合、中国共産党第20回党大会後の10月16日から米中間選挙前の11月7日の間になる可能性がある」と明らかにした。

記事は中央日報日本語版から

スポンサーリンク

1 COMMENT

実戦にならないように👏

えええ~ もう7回目?💦
またあのきのこ雲?👀 もういい加減にすればいいのになぁ~💦
しかし、挑発し過ぎだよな~ 米の国👀🤦‍♂️
いい加減にすればいいのになぁ~💦

現在コメントは受け付けておりません。