「愛し君へ」森山直太朗

森山直太朗の「愛し君へ」は2004年のフジテレビ系列ドラマ「愛し君へ」の挿入歌。難病と闘う患者と、彼を支える小児科医を描いたドラマに使用され、視聴者の涙を誘った名曲です。

いっそ 最後まで 最後まで
信じられる力を 僕にください
例えばそれが 偽りでも…

ささやくようなヴォイスから、のびのびとした朗唱まで、森山直太朗の歌唱は自在です。“最後”というワードが2回繰り返されますが人生の“最後”まで誓いあいたい気持ちが滲むのです。相手を信じ切りたい。それが嘘であってもかまわない。

1 COMMENT

愛し君へ

相手を信じきりたい。それが嘘であってもかまわない。・・・
人を信じる気持ちは、誰のものでもない。
自分自信のもの。だから一生涯 口にできなくても自分の心の中で相手を信じることができると思う。最後まで信じたい。心で誓いあいたい。そんなことを考える今日この頃です。

現在コメントは受け付けておりません。