「木霊(こだま)feat」浜田省吾

浜田省吾、水谷公生、春嵐の3人によって結成されたユニットのファースト・アルバムの最後に収録されたこの曲は2004年に発売されました。作詞を担当した春嵐さんはそれまで小説やエッセイを書いたことはあったけど作詞の経験はなかったため、旦那の浜田省吾さんに助言を受けながら歌詞を完成させたそうです。

春嵐さんが書いたこの曲の詩の世界が、浜田さんの書く詩のようで、違和感無く、すーっと心に染みてきます。仕事帰りの疲れた体で最近あらためて聴いた時、ちょっとこみ上げてくるものがありました 。究極のラヴ・ソングです。

1 COMMENT

空になりたい

この歌を聴く人みんなが
それぞれ思い描く大切な人々を
心に感じるような気がしました。
本当に究極のラブ・ソングですね。
ちょこっとこみ上げてくるもの?(笑)
共感します。

現在コメントは受け付けておりません。