「東京まちなか超低山」ー都会の低山100を登る

コロナで高尾山も中止になり、遠出もできない状況でムズムズしている人のためにこんな本を紹介します。タイトルは「東京まちなか超低山」

“東京には平均高差10メートル、コースタイム2,3分ほどのおもしろい「超低山」がたくさんある! 小さな山の大きな楽しみ! 都会の名山を巡る町山歩き。築山、天然の山、縦走コースなど満載。100名山リスト付き”

東京の街中にある50m以下の山々を紹介しています。新宿区にある、山手線内で一番高い“箱根山”とか、駒込にある文京区最高峰の“藤代峠”とか、浅草にある、東京で最も小さい天然の山“待乳山”などなど。

歴史やコースなども載っていて、ちょっと散歩するにはうってつけのガイドブックですよ。