初夏のうららかさを感じよう

オミクロン系統が置き換わりか「XBB・1・5」の感染が増加傾向に

新型コロナウイルス対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」が5日に開かれ、オミクロン株の新系統「XBB・1・5」が検出される割合が、他の亜系統と比べて最多となるとの試算が公表されました。これまで主流の「BA・5」などから置き換わりが進むとみられます。

国立感染症研究所などは、民間検査機関によってゲノム解析された全国の計800検体から、亜系統の検出割合を分析。「XBB・1・5」は9日までに全体の37%に達すると推定しました。「BA・5」は16%でした。

専門家組織は、4日までに確認された全国の新規感染者数は前週比1.03倍だったとして、「足元では増加の地域も多くみられる」との見解を示しました。

また、統計から死者数がどれだけ多いかをみる「超過死亡」について、2022年は最大約11万3000人に上ったことが、感染研などの推計で判明しました。21年(最大約5万人)の倍以上で、オミクロン株の影響もあると考えられると述べました。

1 COMMENT

まだマスクは外せない👄

えっ、また? どんどん置き換わるねぇ~💦 ウイルスの奴らもしぶとい💦
「免疫を回避する性質!」って、一度かかってもダメなのか💦 予防注射は?
やっと普通の生活ができると思ったのに💦 
不気味な中国人が動いたら、大変なことになりそう~😢

現在コメントは受け付けておりません。