若く楽しく美しく(17)-幸せホルモンその4

今日は恋愛ホルモン💗オキシトシンのお話。有名なのは出産や、赤ちゃんに母乳をあげる時に多く分泌するって聞くけど、もうとっくに卒業したし今さらそんな話をされても… でも大丈夫。オキシトシンを作るのは今からでも遅くない

女性にとっては“絆ホルモン”、男性にとっては“守ってあげたいホルモン”。相手を想い、切ないほど愛おしい気持ちにさせてくれるこのホルモンは信頼安らぎを与えてくれるのだとか。

一番の方法はパートナーとのスキンシップ。手を握ったり、ハグしたり、頭をなでなでしたり…キスなんかとってもいいんですって。でもね~ 今さらそんなことを言われても…

シングルの人は家族や気の合った友達ペットとのスキンシップでもいいそうです。友達とスキンシップ⁈ 驚かないで。を見ながら楽しく話すのもエアースキンシップ。(笑)それでも分泌されるそうです。

それも難しいなら、何ごとにも感謝して人に優しくするというのはどうでしょう? 相手を思いやって何かを与えたり助けたりする時もオキシトシンは分泌されるそうですから。

そうそう、オキシトシンの分泌が多い男性ほど浮気をしないっていうから、心配な人は思いっきりスキンシップしてでつないでおきましょう。認知症にも効くそうなので年をとってもスキンシップをお忘れなく。