若く楽しく美しく(66)ーそんなとこ、見ないで

久しぶりに正装して出かけようとしたら「あら、靴がきつくて入らない」という経験ありませんか? 年を重ねて足の幅が広くなってしまっているんですね。でも、どうして足幅が広くなるのかな?

いつも運動靴や楽な靴しか履かないから、足の筋肉が衰えたから、足の指が成長した(?)から… などと思いがちですが、実は土踏まずの曲線が崩れて偏平足になったり足指がすぼんでしまうためなんです。痛みもないので、知らないうちに足裏に異変が起こっているんですよ。

足裏に異常があると、バランスが崩れてフラついちゃう。それに筋肉やじん帯にムダな力が加わって歩く時に足が痛んだり、ひざ、腰、肩、首に負担をかけてしまうんです。逆に足やひざが痛む人は、無意識にかばってしまって足幅が伸びる原因になっちゃう。もうこうなったら「鶏が先か卵が先か」のレベル。どっちにせよ正常ではないということですよ。

また、偏平足だとかかとが地面の衝撃をもろに受けてダメージが大になるんですって。解決キーワードは靴と中敷き。自分の足に合った靴をはくとか、中敷きで調節してフィットさせればいいのだそうです。

また、足の指を鍛えるのも大事なんです。足指を開いたり、左右でじゃんけんしたりして足指を鍛えましょ。