梅雨…。窓の外は雨

ブログは2023年「お盆バージョン」に衣替え

お盆になるといまは亡き大切な人を思い出します。その人とは両親や妻や夫、親友や友人など…、人それぞれみな違うと思いますが、どうしてもまた会いたいと思った事はないでしょうか。

そんな管理人のワガママを叶えてくれるイラストさん、ありがとう。

今年は番外編で「お盆バージョン」を作ってもらいました。どんなに会いたいと思っても、亡くなった人は現実世界で再会することはできない。映画や小説の中ではできることも現実の世界では難しいでしょう。その代わりに亡くなった人を偲ぶことでその人を「感じる」ことはできます。

お盆の時期。亡くなった友や大切な人を感じてみよう。

5 COMMENTS

最後の落ち際が悲しい😢

うん~うん~同感😊 
わたしは、真っ先にオモニとアボジを想っちゃう~😢
ついでと言ったらなんだけど、同級生も想ってみます~😊
豆知識:線香花火は、真下に向ける良し、少し斜めにする方が長持ちするらしい~👀

見上げてごらん夜の星を🌠

ずっとずっと「もう一度会いたい」と思っていた心も 年齢を重ねると共に「もうすぐ会えるね」と変化している自分がいる。夜空に輝く星のなかでひときわ光る大きな二つの星が、自分のアボジとオモニ😌💓
いつも見守ってくれてありがとう❤️

そんな気持ちにさせてくれる素敵なイラストですね。
「感じる」ことで優しい気持ちになれました。
ありがとうございます。

蝉しぐれ

아버지、어머니、오빠を思い出す。
線香花火、きれい。
いつも、素敵な絵をありがとう。

ボックスメニューとやら

いつも素敵なイラストありがとね。お盆の時期は短いので、次がすぐにくるのかな?あまりプレッシャーを与えてはいけませんが楽しみにしています🖌️

ところで、少し前から登場しているブログの「ボックスメニュー」。何気なく今見ていたら、安曇野のマークがケロヨン🐸でした。笑っちゃいました🤣
それなら哲ちゃんは、👙にしたら?🤭

現在コメントは受け付けておりません。