アーカイブ写真㉓-ボクシングで優勝を勝ち取る

ボクシングは殴りあうことから野蛮なイメージが定着しがちだが、古くから若者たちを中心としたボクシングは人気を博していた。

中央体育大会 1960.8.15.武蔵野
在日本朝鮮人中央体育競技大会 1984.7.
インターハイ3位入賞
インターハイ東京都予選で優勝 東京朝高

東京での拳闘の歴史は、今は亡き黄義孝先生や、その教え子たちの指導や活躍を抜きにして、語ることはできないであろう。

도꾜체육사업이 걸어온 40년から

3 COMMENTS

高先輩~

最近、電車の中の映像で、ペルーが来航した時に、船の上でボクシングしていたのが、日本に伝わったと知りました~👀👂 へぇ~って😁
で、二枚目の集合写真の右端上に、伝説の「黄先生」がいらっしゃいますね~😆
そして、4枚目のレフリーしている方が第一の先輩ですね~👀 強かったなぁ~この先輩~🤔 確か28同級生のお兄さんだよね~👀

ムハメドアリ

80年代はヘッドギア無しで試合してたの⁉︎驚き‼️

いとこ

東京朝高拳闘部から世界チャンピョンも生まれました。
WBC世界スーパーフライ級王者です。
あの頃、たくさんの在日朝鮮韓国の人から応援を頂き、感謝です。感謝しきれない程です。
応援の為の家族での大移動も楽しい思い出であり、試合会場での朝高吹奏楽部の演奏は、ホントに鳥肌ものでした。
現在、東京朝高拳闘部は部員が少なく存続の危機らしいです。頑張って欲しいものです。

現在コメントは受け付けておりません。