「渚のアデリーヌ(Ballade pour Adeline)」リチャード・クレイダーマン

渚のアデリーヌBallade pour Adeline」は、フランスのピアニスト、リチャード・クレイダーマンのデビュー曲でしたね。

1976年に発表した「渚のアデリーヌ」。 レコードは38か国で発売され2200万枚を売り上げる大ヒット曲となりました。

スポンサーリンク

9 COMMENTS

どれみ~ ふぁ~

この曲は、「ルノワール」で良くかかる曲ですね~💕
曲を聴いているだけで、「渚」が映像で浮かびますね~👀 渚って女性ではなくて💦
昔、私がピアノを習い始めて半年くらいで、この曲が課題曲になりました👍
って言うのも、真っ赤なウソで、「ねこふんじゃった」もろくに弾けません😂

車中の思い出

リクエスト者さん、ありがとうございます。
この曲を聴くと思い出す同級生がいます。
彼女が片思いしていた조청위원장が、私の同じ地域で사업していました。
一度会いたいと伝えて欲しいと言われた車の中でこの曲がずっと流れていました。
切ない恋心とこの曲が重なって 忘れられない一曲になりました。
○○は覚えているかなぁ~
次回の同窓会で彼女と会えますように…❤️

リシャール・クレイデルマン

「車中の思い出」さん

本当は車に同乗した同級生が好きだったのに,涙をのんで조청위원장に仲介したのですか? 胸キュンだなあ。それとも,わたしの読みすぎかな?

車中の思い出

リシャール・クレイデルマンさん、
遠からず…近からず…
いつかお会いできたら?お話しします。
長くなるので…笑

リシャール

「遠からず…近からず…」ですか。心のひだに触れてしまったようです。미안m(_ _)m。若いときは気にもしなかったことが、年齢をかさねると気になることがあります。長くてもかまいません。機会があったら、お聞かせください。

理解力不足😢

聞き流せば良いのはわかっています。
でも、どうしても小さい事が気になって。笑

整理しようかな。
同級生を好きだったとゆうことは、
投稿者さんは同性(女性)を愛してしまったんでしょうか?それならそれで良いんですけどね。笑

「小さい事が気になって・・・」
と言えば‼️
みなさん、今日反町隆史君の「相棒」最終回ですよ。楽しみ~📺

リシャール

「車中の思い出」を書いた同窓生は男だとばかり思っていました。もし女性だとしら車中のふたりはともに조청위원장に思いをよせていたのかな? いや待て、LGBTが市民権を得たいま、同棲愛だってあり得る話、どっちかな?

相棒好きな理解力不足

私は投稿者は女性と思い込んでいました。
男性ならつじつまが合う。笑

そして、チョチョンの長さんを二人で好きだったなら、それはそれで面白い🤣青春です💕

🎶

地震恐かったね。
友達と電話中だった私は「逃げるから切るね‼️」と言い捨て外に避難しました。
だーーれも外に出てこなかった。(苦笑)
建物の中より安心な気がするんですけどね。

ピアノの演奏を聴いて、気持ちを落ち着かせ寝ることにします。

現在コメントは受け付けておりません。