「Pachinko パチンコ」放送映画批評家協会賞で受賞!

Apple TV+の「Pachinko パチンコ」(アメリカ・韓国・カナダ合作)が、第28回放送映画批評家協会賞(クリティクス・チョイス・アワード)にて〈外国語ドラマシリーズ賞〉を受賞しました。

同賞には「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」もノミネートされていたなか、前回の「イカゲーム」に続く快挙となりました。

放送映画批評家協会賞は、北米の放送や映画に関わる批評家協会によって選出され、アカデミー賞の前哨戦として例年その結果の行方が注目されています。

今年は現地時間1月15日、ロサンゼルスにて開催されました。

スポンサーリンク

3 COMMENTS

先ず読もう📕

まだ観てない❗てゆうかまだ読み終えてない❗(貸し主さんごめん)
益々話題の尽きない「パチンコ」。
アカデミー賞の前哨戦と言うことで期待大ですね。✊‼️

あの本は今誰が読んでるの?

まだパチンコが話題なんですね~👂👀💕
日本のパチンコ業界は、それは、それは悲惨な状況だよね💦
東京オリンピックをきっかけに締め付けが厳しいと言ってたけど、その後も厳しい状況だね~😢いずれは無くなっちゃうのかな?パチンコ💦

蝉しぐれ

在日コリアンをモデルにしたドラマが賞を取るなんて…
嬉しい( ◠‿◠ )
昨年もイカゲームが賞を取って、連続して、韓国ドラマが賞を取るなんて、凄い❗️

現在コメントは受け付けておりません。