窓の外を眺めながら…

窃盗犯が盗んだ「高麗仏像」…日本に返還か

窃盗犯の手を経て韓国に戻った高麗仏像の所有権をめぐる訴訟は、二審で「韓国の寺のものではない」という結論を下された。仏像が日本の対馬から韓国に持ち込まれてから11年。所有権を主張し訴訟を起こした韓国の寺は、大法院への上告を予告した。

高裁民事1部は1日、「瑞山(ソサン)浮石寺の観世音菩薩坐像」に対する引渡請求訴訟で、「原告(大韓仏教曹渓宗浮石寺)が当該仏像(観世音菩薩坐像)の所有権を取得したとは考えられない」と判決を下した。裁判所は高麗時代の瑞州(ソジュ・瑞山の旧名称)浮石寺が同仏像の所有主であることは事実だが、現在の瑞山浮石寺は過去の瑞州浮石寺と同じ寺とは言えないと結論付けた。

裁判所は「高麗時代末、倭寇の頻繁な侵略による瑞州地域の被害などを考慮すると、1330年に存在していた瑞州浮石寺の人的かつ物的要素が今の瑞山浮石寺に至るまで同一性と連続性を持って維持されたとは認めがたい」と説明した。さらに「倭寇が仏像を略奪して日本に持ち出したとみられる情況はある」としながらも「(日本の)観音寺が法人として成立した1953年から20年間、この仏像を占有していたため、取得時効は完成した」と判断した。

問題の観世音菩薩坐像は高さ50.5センチメートル、重さ38.6キログラムで、14世紀の高麗時代に製作された。仏像の中で発見された結縁文(仏像が製作された目的を書き付けて像の中に保管した文書)に「天暦3年(1330年)2月、仏像を作って高麗の瑞州浮石寺に祀った」という内容が記されており、国内学界では「瑞山浮石寺の観世音菩薩坐像」と呼ばれてきた。

瑞山にあった仏像が日本の対馬の観音寺に奉安されたのは1527年と推定される。同仏像がどのような経緯で対馬に渡ったのかは不明だ。ただし、仏像が浮石寺に奉安された後、瑞山地域に倭寇の侵入が多かったという点、観音寺に渡った仏像の中に腹蔵物がそのまま入っているが、どのような経緯で移すことになったのかを記した移安文がない点などから、略奪された後、日本に渡った仏像である可能性が高いというのが大方の見解だ

同仏像が韓国に戻ってきたのは2012年10月。窃盗団が観音寺から仏像を盗み、釜山港を通じて国内に持ち込んだ。同年12月、大田警察庁広域捜査隊によって窃盗犯が捕まり押収され、仏像が大田まで来ることになった。このニュースが流れると、「500年ぶりに帰ってきた仏像の去就」が議論を呼んだ。

忠清南道瑞山の浮石寺の信徒たちと住民たちは「観世音菩薩坐像復帰奉安委員会」を立ち上げ、仏像の返還運動を始めた。大田地方裁判所が2013年2月、浮石寺が出した返還中止仮処分申立てを受け入れたことで、ひとまず韓国に残ることになった。2016年2月、仮処分期間が終わると、浮石寺は同年3月、大田地方裁判所に韓国政府を相手に取り「観世音菩薩坐像引渡し請求訴訟」を起こした。

2017年1月、大田地方裁判所は「仏像を浮石寺に引き渡すべき」だと判決を下した。当時、裁判所は「この仏像は瑞山浮石寺の所有だと十分に推定できるうえ、過去に贈与や売買など正常な方法ではなく、盗難や略奪などの方法で日本の観音寺に運ばれ奉安されたとみなければならない」と説明した。

一審裁判所の判断が出た後も波紋は広がり続けた。日本の対馬市議会は仏像の返還を求める決議文を採択し、日本の官房長官や文部科学相などが韓日長官会談の際、仏像の返還を要請した。国内世論も「仏像はもともと韓国のもの」という主張と、「盗んできた物なので観音寺に返すべき」という意見が対立した。

1970年ユネスコ総会が採択した「文化財の不法な輸入、輸出及び所有権移転を禁止し及び防止する手段に関する条約(文化財不法輸出入等禁止条約)」によると、不法に持ち出された文化財は本来の所蔵先が所有権を行使できる。

2017年3月から始まった二審の裁判部は、一審とは異なり、浮石寺の所有権を認めなかった。それと共に「原告の引渡請求を棄却することとは別に、大韓民国政府は文化財保護のための国際法的理念と文化財還収に関する協約などの趣旨を考慮し、この仏像の返還問題に取り組む必要がある」として韓国政府にボールを渡した。

裁判が終わった後、浮石寺側は「高麗時代の瑞州浮石寺と現在の瑞山の浮石寺が同一とはいえないという裁判所の判断を到底受け入れられない。裁判所は他の法理を持って判断の理由を説明すべきだった」とし、「最高裁に上告することを決めた」と明らかにした。

ハンギョレ新聞から抜粋

3 COMMENTS

ふむふむ〜

どう言う経緯か分からないけど、窃盗は良くないよね💦

まず返しなさい

どのような理由で仏像が日本の寺に渡ったのかははっきりしないけど、盗んだ品物は盗まれた所有者にひとまず返すべき。もし略奪されたのなら、その事実を証明した後、国際法が定める略奪文化財の回収手続きによって所有権が認められなければならない。

こういう単純な事件の判決が出るのに10年?最高裁判決が確定するまで今後どれほどかかるか?

どうかしてるね、韓国の裁判所も…。

やだやだ

窃盗犯がアメリカから仏像を盗んできたら「韓国の物だ」という判決を下す判事がいるだろうか?盗んだ相手が日本だから、どんな強引な判決を下しても「愛国」判事として扱われるのでしょうか?
この裁判は法理ではなくポピュリズムから始まっている裁判だと言わざるを得ない。韓国の裁判所では、当時の政権によりそんな判決が1、2件にとどまらない。

現在コメントは受け付けておりません。