【投稿】春の訪れを告げる花・サンシュユ

さかのぼること20年ほど前の話になるが、子供の保育園の関係で、近くの農家さんと親しくなり昼間にお邪魔したところ、おじいさんが出て来て、裏庭から庭木を切って新聞紙に包みながら「これは朝鮮の樹だよ、お父さんに持っていっておやりなさい」と3~4本の黄色い花がついた枝を頂いた。

ちょうど春の時期だったので「レンギョウですか」と答えたところ「これはサンシュユといって朝鮮の樹だよ」との答えだ。「サンシュユ(山茱萸)」はウリマルでも「산수유」と言って、全羅南道の求禮と、京畿道の利川では毎年、サンシュユ祭りが開かれる。

私を在日コリアンだと知っていたおじいさん。アボジもさぞや喜ぶかと思い実家に持って行ったが、小学校卒業後に単身で日本に渡ってきたアボジは、サンシュユという樹は知らなかった(笑)。

毎年春になるとサンシュユの樹を思い出してはいたが、正直、春に咲くレンギョウやマンサクとの違いがわからない。ならば一番手っ取り早く、近くの植物公園に行くっきゃあないね。

日曜日。サクラを目当てに9時半の開園を待つ人で、神代植物公園は早くも並んでいる。サンシュユは江戸時代に漢方薬として渡ってきた中国・朝鮮原産の木で、秋につける赤い実を乾かして漢方にも使うのだそうです。

公園には桜を始め、いろいろな花が咲いている、でもその花を一層引き立たせているのはピンクや白、緑に交じって溶け込む黄色の花たちだ。

개나리(レンギョウ)よりも少し薄い黄色をしている。個人的には濃いピンクより薄いピンク、濃い黄色より淡い黄色が好きだ。女性も濃い女性より淡い女性が好きかもしれない…(笑)。

サンシュユみたいなオレ好みの女性が現れないかな〜。

早春の安曇野
スポンサーリンク

4 COMMENTS

中間色

招かれた家のおじいさんの心根がズシッと響きます。「朝鮮の木だよ」と分けてくれた枝にどれだけの気持ちが込められていたのかと思うと朝から泣きました。

ピンクや黄色の濃淡から女性の好みの濃淡に話しを展開する投稿者さん・・・💦💦💦

神代植物~

わぁ~ 漢方がいっぱい~😘
サンシュユ、レンギョウ、レンニク… 生薬の常連さんたちですね~😊
でも、じっくり花を観賞したことがなかったです~
朝鮮の木? もとは中国の木?
このおじさんが朝鮮の方から株分けしてもらって育てのかな? 仲良くしたいね~アジア👍

わかるよ、わかるよ~

わかります、わかります。
濃い女性より、淡い女性。けばい女性より清楚な女性…。積極的な女子より、少し控えめな女性。好みが一緒だ(笑)

春の花

昨日、昭和記念公園へ行ったので、サンシュユ探してみました。
立川口の入口付近にありました。思ったよりも大きな木でした。

現在コメントは受け付けておりません。