窓の外を眺めながら…

FIFAに直訴も6月シリーズのピョンヤン開催が幻に

5月19日、インドネシアで開催されたU-17女子アジアカップの決勝で、北朝鮮は日本に1対0で勝ち、堂々の優勝に終わった。北朝鮮のサッカー関係者にとっては、久しぶりの明るいニュースだった。

北朝鮮は、3月にピョンヤンで開催予定だった北中米ワールドカップ(W杯)アジア第2予選の日本戦が中止になり、0対3という不戦敗判定になった。北朝鮮サッカー協会の関係者によれば、「親、兄弟、友人の前でプレーを見せる」と張り切っていた北朝鮮の選手たちは非、常に失望したそうだ。そしてその後の試合を、なんとか自国で開催できないかとサッカー協会関係者が国内外の各方面に働きかけていたという。

だが、5月20日、またも彼らをがっかりさせる出来事が起きた。アジアサッカー連盟(AFC)は公式サイトで、6月6日のW杯2次予選第5節シリア戦、6月11日の第6節ミャンマー戦という北朝鮮のホームゲーム2試合が、ともに第3国ラオスの首都ビエンチャンで開催されることになったと発表したのだ。

現在の勝ち点は日本12ポイント、シリア7ポイント、北朝鮮3ポイント、ミャンマー1ポイントで、北朝鮮はシリア、ミャンマーを破れば勝ち点を「9」まで伸ばせることになる。一方、シリアは最終戦に広島での日本戦を控えており、北朝鮮に敗れてしまうと勝ち点7止まりということも考えられる。2次予選は2位までが3次予選(最終予選)に進出できるため、北朝鮮が次のステージに進む道が完全に閉ざされたわけではない。

それだけに、最後の2戦を必勝態勢で迎えたかった北朝鮮サッカー協会は、5月に開催された国際サッカー連盟(FIFA)の場でも積極的に自国開催をアピールしたらしい。それでも却下された理由は何か。大きな理由は交通手段だと日本のサッカー関係者は明かした。

現在、ピョンヤンへの定期便は週3回あるが、さまざまな理由で間引き運行されているのが現状だ。そのためピョンヤンへ移動する時に定期便とスケジュールが合わなければチャーター便を使うことになる。今回はシリア、ミャンマーの2か国の選手と役員、AFCの役員、両国のメディアとファンを短期間の間に往復輸送しなければならず、AFCが航空便の輸送能力に疑問符を付ける形で裁定が下されたのだ。

かつてはもっと頻繁に空路が運航されていたが、なぜ完全に再開していないのか。それは3月に日本戦がピョンヤンで開催されなくなった理由となった「感染症予防」対策だという。3月の時点では政治的な理由で入国させなくなったのを「感染症」のせいにしたのではないかという一部の見解もあったが、そうではないということだった。

実際のところ、3月に日本で試合をした北朝鮮の代表チームも、帰国してから3日間隔離された。現在も渡航者が滞在した国によっては、ピョンヤンに到着後に1日から3日間の隔離期間が設けられているそうだ。

他国にとっては新型コロナウイルスは昔の話になっている。だが北朝鮮国内では今も厳しい予防対策が取られているらしい。

6月に金日成スタジアムで試合が開催できないことは、北朝鮮にとっては有利になる条件が減ったことになるが、彼らがW杯への夢を諦めたわけではない。

次のシリア戦にまず勝つことが大切だ。そうすれば、日本が最終節でシリアを下すという条件の「他力本願」になるかもしれないが、W杯への道はまだ残る。そうなったときに、もしかしたら3次予選で日本とまた同グループになるかもしれない。その時には今度こそ、ピョンヤンで開催できることを俺は願っているよ。

3 COMMENTS

なんでサッカーが強いの?北

まだ北はコロナ禍なの? 遅れているね💦 ワクチンはいらないのかな?
日本で余ったワクチンを大量に廃棄したとニュースでやってたから、北のあげれば良いのに~
そりゃ~あの大観衆でバンバン感染したら困るもんね~💦
でも、ワールドカップに出場出来たら、また寝不足で応援しちゃうのになぁ

無能な指導者

自国でワクチンを生産出来ないので、国民が感染症に弱いのは分かる。でも、その事によって犠牲になっているのも国民だと言う事を指導者は認識しないと行けないね。まあ、はだかの王様だから期待はしませんが。

選手が理不尽

サッカーのホーム&アウェーは選手たちには大きなアドバンテージになる。ホームゲームが出来ないのは痛いね。
どんな事情であれ選手が可哀想だな。

現在コメントは受け付けておりません。