窓の外を眺めながら…

クリスタル・ケイの母シンシア「私が全部してあげよう」でもタトゥーと鼻ピアスは却下

在日三世として東京に生まれ、人気シンガー、クリスタル・ケイ(37)を女手ひとつで育てたシンシア(60)。アメリカ軍人の夫と離婚し、シンガーとして母子の生活を支えてきた。娘もまた13歳でメジャーデビューし、同じ道を歩み始める。

娘クリスタル・ケイ、学校と仕事の両立

「クリスタルの仕事は順調でした。デビュー後シングルを立て続けにリリースし、アルバムの制作にも取りかかっています。ただでさえ仕事が忙しいというのに、中学生になるとバスケ部と鼓笛隊に入り、娘の日々はますます多忙を極めていきました。それでも弱音ひとつ口にせず、学校と仕事の両立を見事にクリアしています。

勉強にしても、仕事にしても、私が娘に強いたことはありません。娘に将来こうなってほしいという欲も理想もなかった。親としては、子どもに苦労はしてほしくない、ただその思いだけでした」

大家族が夢で、子どもは5人欲しかった。その分一人娘への愛情は深く、娘もその愛を一身に受けて育った。

「私自身、親の愛情には飢えて育ってきたので、娘にはできる限りのことをしてきたつもりです。

お稽古事もいろいろさせていて、まず3歳のときバレエ、バイオリン、タップを始めています。けれどどれも娘は気に入らなかったようで、早々に『もう嫌!』と言い出し、一番長く続いたのはピアノ。6歳のときに始めて、5年近くお稽古に通っています」

できる限りの愛情を注ぐ韓国では当たり前の子育て

「女の子が生まれたらお嫁に行くまで、私が全部してあげようと決めていて、実際そうしてきました。例えば食事のときはスプーンにご飯とおかずをのせて口まで運んであげる。それが習慣になっていて、今もスプーンを差し出すとあーんと口を開きます。韓国では当たり前の光景だけど、日本では驚く人が多いようです。

娘は小さいころから食べるのが大好きな子で、今も『美味しいものを食べているときが一番幸せ!』とよく言っています。

ただ、赤ん坊のころはもうムチムチで、近所のおばさんから『食べさせすぎじゃない?』と怒られたことがあるくらい。「これはマズイ!」と思ったのは、夫の実家に初めて行ったときのこと。義母はじめ親族そろって堂々たる恰幅で、『娘もああなるのでは?』と危機感を覚えた。それからは栄養バランスに気を配り、お菓子はなるべくあげないようにしてきました。そのかいがあったのか、小学校に上がるとすっと身体が縦に伸び出して、高学年になると160㎝の私を追い越し、今では170㎝もあり、なかなかのスタイルです」

まだあどけなさが残る、クリスタル・ケイ

娘がしたいことは叶え、欲しいというものは与えてきた。しかし親として娘の望みを却下したこともある。

「中学のとき、娘が『タトゥーと鼻ピアスがしたい』と言い出したことがありました。娘の通う中学はアメリカンスクールで、タトゥーもピアスも特に問題ありません。実際、娘は当時すでに耳にピアスをしていて、それはまだ彼女が赤ん坊のころ、私が宝石屋さんで開けてもらったものでした。けれどタトゥーに鼻ピアスとなるとまたイメージが違います。私は娘の訴えを退けました。

『いつか社交界にデビューすることもあるかもしれないでしょ?(笑)』と諭すと、娘も『なるほど!』と納得したようです。ただ「かわりにヘソピアスがしたい」と言います。当時はヘソ出しファッションが流行っていて、娘も憧れがあったのだと思います。私も『おヘソなら』と許しています。

娘にはありったけの愛情を注いできました。でも私も怒るときは怒ります」(次回に続く)

週刊女性2023年9月12日号

1 COMMENT

男関係は清算できたのかな?

「怒る時は怒ります~」って、どの口が怒れるのかな~?💦
韓国では当たり前の習慣って、どこで身に付けたのかな?まったく韓国臭がしないけど💦
どちらかと言えば、ポテトフライかケンタッキーの匂いがしそうなんだけど~👃
着々とステージママを目指している視線が、ギラギラ👀

現在コメントは受け付けておりません。