初夏のうららかさを感じよう

民族楽器保存委員会を設立し、楽器の修理に携わるー韓慶樹

昨年7月に社団法人 民族楽器保存委員会を設立し、生徒たちに民族楽器の魅力を伝えるため、ウリハッキョにある壊れた楽器を回収・修理し、各地のウリハッキョに届ける活動を行っている人物がいる。その人は韓慶樹さんだ。

民族楽器保存委員会を設立した韓慶樹さん

きっかけは、現在のウリハッキョの民族楽器の現状と保存状態を、目の当たりにしたことから始まった。

楽器の修復依頼は全国各地から送られてくる

韓さんが演奏指導をした生徒たちの楽器は古く、楽器本来の伝統的な音色を出すことができていなかった。使えなくなり倉庫に眠ったままの状態にあるか、処分せざるを得ないという楽器もあった。

何十年もの間に使い回されてきた楽器には寿命が…

「このままでは民族楽器の未来が危ない」と危機感を抱いた韓さんはすぐに行動に出る。各地のウリハッキョに自ら足を運び、壊れた楽器を回収し、試行錯誤を繰り返しながら修理する。そして修復された楽器を生徒たちの手元に届ける。休日返上で作業するのはあたりまえとなる。

試行錯誤を繰り返しながらの修理

私たちは学校で「民族楽器は祖国からの贈り物」だと教わった。これからも民族の音色を後世に伝えていく必要があると感じた韓さん自身も、幼い時から民族楽器特有の音色と魅力にのめりこみ、民族管弦学部でチャンセナプを演奏してきた。だからこそ楽器と生徒たちのために身を削る思いで活動している。

修理は楽器だけではなくケースもする

韓さんが活動する原動力は「民族楽器を愛する」気持ち、ただひとつだ。各地で民族楽器を演奏している生徒たちと同じ気持ちで、今日も楽器の修理に余念がない。

修理を終えて九州朝高に帰ってきた伽耶琴

今後とも民族楽器保存委員会のご支援ご協力をよろしくお願いします。
京葉銀行 北柏支店 普通預金 8094511
民族楽器保存委員会

2 COMMENTS

頑張ってください~👍

ありがたい事ですね~💕 でも、今更?って思っちゃった💦
今までは、どこで修理してたんだろう? クロサワ楽器でもやってくれないだろうし~
器用な生徒は自分で修理してたのかな?
楽器自体は、メイドイン「北」なの?「南」なの?
韓国に行けば、修理屋さんはあるとは思うけど、日本でやってもらえれば、経費も少なくて済むもんね~😊

ありがたいね💕

奉仕の気持ちが無いと出来ない事ですね。大変でしょうが頑張って頂きたい。
多少の強面はご愛嬌💕🤭

現在コメントは受け付けておりません。