窓の外を眺めながら…

【速報】 短距離弾道ミサイル2発を発射 EEZ外に落下か

防衛省は、20日午前7時ごろ、北朝鮮から弾道ミサイル2発が発射されたと発表しました。いずれも日本のEEZ=排他的経済水域の外側に落下したとみられるということです。
一方、北朝鮮は、600ミリ口径の「超大型ロケット砲」と呼ぶ短距離弾道ミサイルの2発の射撃訓練を行ったと国営メディアを通じて発表しました。

防衛省によりますと、20日午前6時59分ごろと午前7時10分ごろ、北朝鮮西岸付近から合わせて2発の弾道ミサイルが東の方向に発射されました。

1発目は最高高度がおよそ100キロ、飛行距離がおよそ400キロで、2発目は最高高度がおよそ50キロ、飛行距離がおよそ350キロとみられるということです。

いずれも日本のEEZ=排他的経済水域の外側の朝鮮半島東側の日本海に落下したと推定されています。

今回、海上保安庁は、3回にわたって発射の情報を発表しましたが、実際に発射されたのは2発で、現時点で船舶や航空機への被害の情報は確認されていないということです。

北朝鮮は18日にもICBM=大陸間弾道ミサイル級のミサイル1発を発射していて、北朝鮮による発射はことし3回目です。防衛省が引き続き情報の収集を進めるとともに、警戒と監視を続けています。

また、海上保安庁が日本周辺の海域で被害などの確認を進めていますが、これまでのところ日本に関係する船舶への被害の情報は入っていないということです。

北朝鮮「超大型ロケット砲の射撃訓練」と異例の早さで発表

北朝鮮は、朝鮮人民軍の西部前線の長距離ロケット砲部隊が、20日午前7時に600ミリ口径の「超大型ロケット砲」と呼ぶ短距離弾道ミサイルの射撃訓練を行ったと、国営メディアを通じて発表しました。

「超大型ロケット砲」は、北朝鮮が韓国に対し戦術核兵器として使用することを想定していると主張しているもので、訓練では、発射地点から395キロと337キロの先の日本海上に設定された目標に向けて2発発射したとしています。

北朝鮮がミサイルの発射から1時間余りで発表するのは異例で、19日アメリカと韓国が空軍による共同訓練を行ったことに対する強い反発を示した形です。

政府は緊急参集チームを招集

政府は、総理大臣官邸の危機管理センターに設置している官邸対策室に関係省庁の担当者をメンバーとする緊急参集チームを招集し、情報の収集などにあたっています。

岸田総理大臣は、
▼情報の収集と分析に全力を挙げ、国民に対し、迅速・的確な情報提供を行うこと、
▼航空機や船舶などの安全確認を徹底すること、それに、
▼不測の事態に備え、万全の態勢をとることを指示しました。

北朝鮮 金総書記の妹が談話でアメリカをけん制

北朝鮮のキム・ジョンウン総書記の妹、キム・ヨジョン氏は、20日朝、国営メディアを通じて、アメリカを非難する談話を発表しました。
談話では「太平洋をわれわれの射撃場として活用する頻度は、アメリカの行動いかんにかかっている」として、再び太平洋に向けて弾道ミサイルを発射する可能性を示唆してアメリカをけん制しました。

北朝鮮の核・ミサイル開発に米韓は軍事演習で対抗

北朝鮮が核・ミサイル開発に一段と拍車をかけているのに対し、アメリカと韓国は、抑止力の強化を図る姿勢を示して北朝鮮を強くけん制しています。

北朝鮮は、今月8日の軍事パレードで、ICBM=大陸間弾道ミサイル級の「火星17型」などのほか、片側9輪の移動式発射台に搭載された新型ミサイルを公開し、専門家からは、固体燃料式のICBMの開発を進めているとの見方が出ています。

また、今月17日には、米韓両国が過去最大の規模で軍事演習を実施しようとしていると非難する談話を発表し「前例のない強力な対応に直面する」として両国を強くけん制しました。

さらに19日、キム・ジョンウン総書記の妹、キム・ヨジョン氏が米韓両国を非難する談話を出し「敵のあらゆる行動を注視し、敵対的なものすべてに応じて極めて強力で圧倒的な対応を実施するだろう」と強調していました。

これに対し、米韓両国は19日、北朝鮮がICBM級のミサイル1発を発射したのに対抗する形で、北朝鮮が強く警戒するB1爆撃を投入した空軍の共同訓練を行いました。

また、米韓両国は22日、北朝鮮の核の脅威を想定した図上演習を予定しているほか、来月中旬には定例の合同軍事演習を行うことにしていて、北朝鮮へのけん制を強めています。

北朝鮮 去年からことしにかけての動き

北朝鮮は去年、かつてない頻度で弾道ミサイルなどの発射を繰り返し、1年間で過去最多の37回、少なくとも73発に上りました。

このうち、
▼去年9月から10月にかけては、「戦術核運用部隊」の訓練だとして、中距離や短距離の弾道ミサイルなどを相次いで発射し、あわせて10回に上りました。

▼去年11月には、アメリカと韓国の空軍による大規模な共同訓練に対応するなどとして、ICBM=大陸間弾道ミサイル級を含む発射を繰り返し、この月の発射は6回に上りました。

▼去年12月にも、18日に準中距離とみられる弾道ミサイル2発、23日に、短距離弾道ミサイル2発、31日に短距離弾道ミサイル3発を日本海に向けて発射していました。

さらに、
▼ことしに入ってからは、元日に短距離弾道ミサイル1発を発射したほか、18日にもICBM級の「火星15型」1発を発射していました。

NHK News webから

2 COMMENTS

そろそろ熟した?

あー、またまた…我々は安息に暮らしたいんだがなあ~。
アメリカもそろそろ対話のテーブルについたらどうだ?

国民感情はさておき?💦

あああ~💦 ミサイルはバンバン飛ばすし~ やり返さんばかりに、米韓の大規模な軍演習は始まるし~💦
中国は気球を飛ばすし、大阪港にアメリカの大型艦船が入港するし~
もう、どんどんきな臭くなて来たね~ ロシアもやめないし~😢
人間って、発展してるの退化してるの? どうしても戦争をしたいのかな?

現在コメントは受け付けておりません。