コロナの夫婦の過ごし方

GOTOトラベル中止で楽しみだった旅行がキャンセルになり、ぽっかり空いてしまった1日。せっかくなので、相方と当てのないドライブに出ました。

「風呂でも行こうか」
「え~! お風呂道具準備してないよ。それに、もう高速乗ってるじゃん」
「じゃあ、どこ行く?」
「…ねえ、せっかくだから旅行気分で箱根の温泉に行こうよ」
「え~⁈」

思い立ったら実行しないと気が済まない私の性格を知る相方は渋々了承。ということで弾丸日帰り箱根♨旅行へ。

車内で個室のある日帰り温泉をググり「箱根湯本吉池旅館」を予約。あの御徒町の吉池のグループ旅館なのです。

家を出て車を走らせること2時間、箱根のメイン通りを通り抜けて橋を渡った場所に「吉池」がありました。やはり御徒町とロゴまで同じ。

チェックインして部屋に案内されるのは泊まる時と同じだな。部屋で少し休んで昼食を食べにレストランへ。

平日昼間の旅館は客もまばらで、予約の客はうちらともう1組のアベックだけ。メニューは松花堂弁当。

食前酒に梅酒とあんず酒、そして地ビールを堪能。この弁当がウマい。これだけで私は満足だけど、やっぱ箱根は温泉でしょ。

いよいよお風呂へ。お湯もいいし露天もきれい。なにより、お風呂に入っているのは私一人! 貸し切り状態なんですよ! もううれしくって温泉で泳いだり、まったりしたり。長い長~いお風呂となりました。

でも1つ問題が。この旅館、化粧水とか乳液とか置いてない! 手ぶらで来たから顔に付けるもの何もないのに… 風呂上がりに速攻で付けないと肌がカピカピになっちゃう。

仕方がないので、バッグにあったハンドクリームを顔にベッタリ付けて…と。それだけ除けば大満足!

のどが渇いたので自販機でコーラのボタンを押したら、なんと4本も出てきました! そういえばサイボクハムの時もプレモルをタダで飲んだっけ。

「私たち持ってますね~」って1人で喜んでいたら、相方も「なかなかこのパターン良いね」と心なしか優しくなったような。泊りの旅行とはまた違った濃~い1日でした。

コロナ禍の日中の箱根の旅館は、人もいないので移すことも移されることもないようです。たまには夫婦でこんな過ごし方も良いもんだな~と思った次第であります。