【投稿】戦争物の歴史が好き

一般的に男子は歴史好きと言いますが、例に漏れず私も歴史ものが好きです。日本の歴史では戦国時代、明治維新、太平洋戦争、戦後の混乱時期は大好物です。

テレビで白黒の画面、それも戦争物が出たら思わず見入ってしまいます。そんな私の目に、ある日の折込チラシに「太平洋戦争」と言う文字が踊るDVDの写真が飛び込んで来ました。

「うおー」思わず雄叫びを上げた私…迷わず即ゲット!

でも、購入後の販促攻勢はしつこいです。😅😅😅

家族からの白い目を背に浴びながら、今日も至福の時を過ごします。

3 COMMENTS

ドンパチ嫌い💦

年とったせいか、この手のものは、少し遠慮がちになります💦
最近も、「二つの世界戦争」なる本を読みながら、なんて人類はバカげたことを~と、眉間にしわ寄せながら読み終えました~😢
太平洋戦争は、負け戦に勝利を洗脳して突っ走っちゃった愚かな行為ですもんね~🤦‍♂️
亡くなった方々が忍びないですよ~💦
平和が一番😊

映像の世紀

20世紀は戦争の世紀です。戦争終結間際、狂った米国の残酷極まりない原爆投下実験。(狂気です。)数十万の人間を一瞬で殺害した事実は、ユダヤ人ホロコーストと全く同じです。如何なる大義名分も、糞もあったもんじゃ無い。只の狂った殺害です。

NHK『映像の世紀』は生々しい真実が記録された、20世紀の生きた歴史そのもの。戦争は大嫌いですが、その時代に翻弄られながらも必死に生きようとした人達の葛藤劇は大好きです。彼らの生き様には学びがある。平和ボケしない様、時々『映像の世紀』観ています。(^^)

ムーリャン

 「映像の世紀」と言えば、どうしても加古隆さんの「パリは燃えているか」を連想します。歴史の本を読んでいる時、悲惨な歴史。必ず、「パリは燃えているか」が脳裏を横切ります。リクエスト願えれば、よろしくお願いします。

現在コメントは受け付けておりません。