猪飼野ー追憶の1960年代④

それぞれ朝鮮語で書かれた「期間がすぎて後悔しないで永住権を早く申請しよう」(民団)、「死の申請〈永住権〉を取り消し、カイライ〈韓国籍〉を〈朝鮮〉変えよう」(総連)の横断幕が、通行人の頭上高くに写し出されている。

おもしろいのは、この二つの通りが民団地区と総連地区になるのか、双方が合意のもとに「棲み分け」をしているのか、同じ一つの通りには双方の横断幕が見られない。

スポンサーリンク

1 COMMENT

仲良く~仲良く~

まさに、民団と総連がツバ攻め合い強いる頃なんだろうね~😢
歴史を感じるなぁ~
でも、結局は仲良しなんだよねぇ~ だって向こう三軒両隣りだもん~😊

返信する

コメントを残す