拳道会ー中村日出夫

1913年6月、平壌で生まれる。14歳で日本へ渡り、京都の平安中学に入学、新聞配達のバイトに精を出すが、通りがかった寺の境内で稽古していた空手に興味を覚え手ほどきを受ける。その後、京都第三高等学校へ入学すると同時に武道専門学校へ入り空手を本格的に学んでいく。

この時期、山ごもりの鍛錬などを敢行し、心身両面から自らを鍛え上げたという。1933年には、空手修行で培った集中力を活かし、見事、京都大学法学部に合格。武道専門学校では若干20歳にして指導的立場になっていた。1943年、30歳の時に大日本武徳会から六段錬士を授与される。

解放と同時に山梨県甲府へ移り、土木業を営む傍ら1956年に空手道場修得館を開設。空手道の大同団結を提唱し、1957年、全国に先駆けて山梨県空手道連盟を結成、初代会長に就任する。この年、連盟結成を記念して挙行された第1回空手演武大会には、大山倍達、金城裕、藤本貞治が、翌年開催された第2回大会には金城裕、藤本貞治、山口剛玄、中山正敏、金澤弘和など、のちの空手界をリードする著名空手家が集結し演武を披露している。

この時、中村が披露したのが、のちにその代名詞ともなる「垂木切り」の演武だった。また、この時期、のちに中村門下の筆頭師範となる石山圭(現拳道会会長)や、のちに極真会館第5回全日本優勝、第1回世界大会準優勝となる盧山初雄などが、中村門下となって過酷な修行に明け暮れていた。また、この頃、空手に加え、柔道四段の肩書きを持ち、八光流柔術をも修得している。その後、甲府の修得館は中村が東京へ移転する1968年頃まで活動を続けた。

東京へ居を移した中村はその後、空手の本質を拳に求め、拳の道を全うする意味において自己の空手道を「拳道」と命名。一層、内弟子養成に務めるが、1983年、70歳を迎えたことを機に、高弟たちの発案により、拳道普及の母体として「空手道拳道会」を設立、会長に就任する。1987年に大阪、ついで1988年に東京で開催された大演武会によって、その驚異的な技術と深い精神性を世に知らしめた。

1997年、会長職を後継者に委ね、「総師」として拳道会全体の指導にあたる。2001年には米寿(88歳)迎え、若き日に鍛錬を重ねた京都の地で大演武会を開催。これが、公開の場では最後となる演武披露となる。2007年に滋賀県に居を移し、なお精力的に鍛錬を続けたが、2013年1月、肺炎のため満99歳で永眠。その数奇な空手人生を閉じると共に、永遠なる伝説を残した。

2 COMMENTS

悪妻

うちの旦那さんが慕っている先輩に拳道会の人がいます。昔、朝高で空手を教えていたとか。あんまり興味無かったので知らなかったけど、歴史があったんですね。この記事を旦那さんに教えてあげます。(知ってるかな笑)

私は見た!

昔、代々木体育館での演武を観ました。
スーツ姿で短い垂木を手刀で切る(本来は割るんでしょうが、この表現がピッタリな感じがします)技にビックリ‼️御高齢なのにあの俊敏な動きとスパッとした切れ口に場内も「おー!」とどよめきました。

エピソードとして「金日成著作集」を読まれた後に「偉大な人の言葉はやはり素晴らしいですね」と仰ったそうです。
門下生であった友達から聞いた話です。

現在コメントは受け付けておりません。