今日はモンダンヨンピル映画祭

【映画】モガディシュ脱出までの14日間

7月1日から全国の映画館で上映している『モガディシュ 脱出までの14日間』を観に行った。この映画は韓国を代表する名優キム・ユンソクと人気俳優のチョ・インソンが初共演を果たし、2021年度の韓国映画でNo.1の大ヒットを記録した、リュ・スンワン監督の最新作だ。

もちろん、是枝監督のベイビー・ブローカーも観たが、少しストーリーが難解で、映画を見終わった後、ネットであらすじを見て初めてストーリーを理解した次第だ。主演のソン・ガンホやペ・ドゥナの演技は素晴らしいものがあるんだけどね〜。

でもこの映画はストーリーが明快で入りやすかった。映画の題名のモガディシュとはソマリアの首都のことを指すんだが、1991年にソマリアの内戦が激化し、反乱軍が首都のモガディシュを制圧、空港は封鎖され通信網が断たれる中、命の危険にさらされた外国人たちは、生死をかけて脱出しようとする。

2021年にアフガニスタンの政府が崩壊し、タリバンが政権復活を果たした時や、まさに今年のウクライナの緊張状態と同様の状況だ。つまり、いつどこで起こってもおかしくないこと。

だが、その中に〈脱出劇の真実〉を公には語れなかった人々がいた。ソマリアに駐在していた韓国大使とその家族たちだ。

どんな運命のいたずらなのか、激しく敵対していた北朝鮮の大使たちと、モガディッシュからの脱出への死闘を共にすることになったのだ。近年になってようやく事件の顛末が公表され、知られざる事実への丹念なリサーチが行われて、映画化が実現した。

完成した作品は2021年7月に韓国で公開されると、コロナ禍にもかかわらず観客が押し寄せ、最終的には興行収入30億円を突破、2021年度の韓国映画No.1大ヒットとなった映画です。さらに、メディアや評論家からも高く評価され、韓国の栄えある映画賞を次々と受賞、第94回アカデミー賞国際長編映画賞部門の韓国代表作品にも選ばれました。

映画『モガディシュ 脱出までの14日間』あらすじ


1990年、ソウル五輪で大成功を収め勢いづく韓国政府は国連への加盟を目指し、多数の投票権を持つアフリカ諸国へのロビー活動に励んでいた。

ソマリアの首都モガディシュで韓国大使を務めるハン(キム・ユンソク)は、現地政府の上層部に何とか取り入ろうとしている。

一方、韓国より20年も早くアフリカ諸国との外交を始めていた北朝鮮のリム大使(ホ・ジュノ)も国連加盟のために奔走し、両国間の妨害工作や情報操作はエスカレートしていく。

そんな中、ソマリアの現政権に不満を持つ反乱軍による内戦が激化。暴徒に大使館を追われた北朝鮮のリム大使は、絶対に相容れない韓国大使館に助けを求める決意をする。

果たして、ハン大使は彼らを受け入れるのか、全員で生きて脱出することができるのか、そしてその方法は──?

予告動画

キャスト
キム・ユンソク
ホ・ジュノ
チョ・インソン
ク・ギョファン
キム・ソジン
チョン・マンシク

監督・スタッフ
監督・脚本:リュ・スンワン

『モガディシュ脱出までの14日間』上映場所

スポンサーリンク

4 COMMENTS

北と南は仲良くしなきゃ~👏

文章読んで、予告を見ただけでぞくぞくしちゃう~😆
やっぱり、登場人物が同じ民族だと、親近感ビシバシ感じちゃいますね~
観てみよっと👍 外国人のハリウッドとは一味~ ふた味も違うね~
でも、「チュモン」のルモスが頭から抜けない💦 強烈過ぎたから~

韓国映画好き!

これは話題の映画です。
去年、韓国で1番ヒットした韓国映画!
8時10分から125分
昨日予約チケット購入しました。
今から観たいと思います。

韓国映画ファン

いい映画でオススメしますよ。

ハリウッドよりも迫力ありました。
世界規模のスケールの大きさにも驚きました。
後半の1時間、ハラハラドキドキの連続で力が入り1キロ痩せたかな〜と感じる映画でもありました。
俳優も素晴らしい!
私はチョインソンファンなので大満足でした。

いい仕事してます

この映画は日本に住む在日同胞の一人としては、朝鮮半島の南北間の同胞の憎しみ、悲しみ、願い、そして同胞愛を謳う作品でリアルで悲しいと感じました。
リアルと言えば、市街地の激しい内戦、どこまで追って来る機関銃攻撃、あどけなさが残る子どもたちもが、身体より重そうな武器を持ち歩き、打って来る!これが同じ地球上で起きてる子供達の現状なんだと改めて思いました。
迫力あるカーチェイスと言えばそれまでですが、あまりにも生々しく激しく、悲しかった。
キムユンソク、ホジュノ、そしてチョインソン!迫真に迫る演技が最高でしたね。ラストの空港での背中の演技はグッと胸に来るものがありました…。
良い映画です

現在コメントは受け付けておりません。