金時山ハイキング

金時山は箱根外輪山の中の最高峰で、金太郎伝説の史跡が残る山です。1,213mの頂上からは、仙石原や芦ノ湖をはじめ駿河湾まで眺められる眺望が良い山です。そして眼下に広がるのは、裾野まではっきりと見える富士山ですね。

10年前の秋、知人と二人で金時山にハイキング。東名高速の御殿場ICから仙石原を目指します。乙女トンネルを抜けてしばらく行くと金時神社の駐車場へ。今日はここからスタートです。

神社の右手の登山道をしばらく行くと、金時手鞠石が見えてきます。金太郎が蹴落としたとされる石です。ほんとかよ。

登り始めて40分ごろ、今度は金時宿り石に到着。もともとは一つだった岩が寒さで二つに割れてしまったのだそうです。この下で金太郎とおばあさんが夜露をしのいだというのだ。うそでしょ。

金時山山頂
仙石原と遠くに芦ノ湖

頂上は大きな岩がゴロゴロとした男性的な景観です。周辺は360°の景観が広がり、雄大な富士の姿が広がります。

今日は土曜なので、さすがに登山客が多いのに驚かされます。金太郎山頂には2軒の茶屋があります。ラーメンやうどん、ビールにジュースなど手ぶらで行っても食べるのには困りません。でも登山靴だけは履いてくださいね。

下りも慎重に…

登山のあとはおいしいお昼と温泉が待ってます。今日は何処の温泉に行こうかな。


2010年10月某日 金時神社9:00→金時宿り石9:40→金時山10:30(休憩)11:00出発→長尾山11:40→乙女峠12:00→金時神社12:40着