初夏のうららかさを感じよう

売り切れご免の新ビール

4月20日、家飲みビールが少なくなり買いにいくと“アサヒスーパードライ生ジョッキ缶”なるものがこの日から販売開始だった。それも特売で1箱3,890円。

ビールを飲むしか興味のない私、このビールの情報なんて知る由もない。しかし、ダンナいわく「これ、コンビニで先行販売して、売り切れ続出のやつだ!」と少々興奮気味。「1家族1箱まで」という制限があり、とりあえず1箱買って帰った。

冷蔵庫で冷やしてさっそく試飲。プルを引くと缶の頭が全開してキメ泡あわ。コップ飲みのようにガバガバ飲める。中身はスーパードライと同じで、普通の缶より10ml少ない。でもこっちのほうが飲みやすくてうまい…気がする。イヤ確実にうまい。

翌日のネットニュースを観てビックリ。な、なんとこのビール、売れすぎて一時休売するそうだ。発売2日で出荷停止とは凄すぎる! ちゃんとお金を出して買ったけど、なんか得した気分だ。

3 COMMENTS

時代の流れ

そんな缶ビールがあったことすら知らなかった😅

容器がミソ

観るからに美味しそうな泡泡。(飲みた〜い‼️)中身が馴染みのスーパードライでも観ためが、まるで印象が違う“缶じ”です。(^^) 最近の新商品の傾向、容器革命。あの1kg入薄力粉をコンパクトな容器に入れ食卓で簡単にフリフリして使える便利さが受けてヒット!思い起こせば、始まりは日清食品の即席麺でしたかね?それが70年代にカップ麺🥤へと進化。食品は“入れ物”で勝負する時代なんですかね~。しかし、泡泡旨そう(笑)

痛風もち

尿酸値の高いわたしにとっては酷な投稿です.知らなければ煩悶しなくてもすみました.やはり知識は不幸のはじまりです.

現在コメントは受け付けておりません。