窓の外を眺めながら…

「どうぞこのまま」丸山圭子

1976年にヒットした丸山圭子の「どうぞこのまま」をリクエストします。

いま改めて聞くと、めちゃくちゃエロチックな不倫の歌だとわかります。軽快だがどこか気だるく、ノスタルジックなボサノバ調の雰囲気がいいですね。作詞・作曲も丸山圭子。当時は二十歳そこそ娘さんですが実体験があるからこそ、ここまで描けるのかと考えてしまいます。

6 COMMENTS

失楽園~

「二十歳そこそこの娘さんですが実体験」~ って😆
そういう目👀で、動画を見てしまいました~😒
言われてみたら、不倫しそうな雰囲気ありますね~丸山さん😘(失礼なっ💦)
ちっ、どろどろの不倫してみてぇ~ぞ~ こんちくしょ🤔
あっ、その前に、お金稼がなきゃ~ こんちくしょ🤦‍♂️

👄18禁(笑)

いきなり、ボヤけた画像。顔が見えない。そのうち、水槽や花瓶が出てくるのかと❓少しドキドキ💓しちゃいました。🤣 まるで動画が、”日活🎦”のタッチで空想だけが空回りしてしまい、歌詞が飛んでしまった❗️(^^)
どうぞ〜♪そのまま続けて下さい。👄

にぶい感性

洋の東西を問わず不倫の歌は山ほどあります.極限状況が人の感性を研ぎすませて名曲が生まれるのかもしれません.そう言えば「不倫は文化」とのたまったタレントもいましたなぁ.

未経験者

「実体験」をもとにして作られた歌なら,不倫の相手だった男は,この曲をきくたびに針のむしろに座らされているようなものです.怨念がこもっています.

おんねん💦

そう言う女がおんねん~💦
胸に手を当てて思い返してみます~👂
オレに、そう言う女がおったか?おらんかったか? 怨念😢

関東人

「おんねん」さん

関西弁「おんねん」(関東弁に訳すと「いるんだよ」ぐらいの意味)は現在形です.過去形なら「おってん」です.文面からは昔のことなのか今のことなのかが分明ではありません.どちらにしても「怨念」を引きずっているようではあります.失礼,立ち入りすぎたようです.あんじょうお気ばりやす.

現在コメントは受け付けておりません。