【お店】백종원シェフが行く昌平伝統市場の「豚ホルモン鍋」動画

今回백종원シェフが行くのは、全羅南道潭陽郡昌平面にある、삼지천마을(三支川)だ。サムジチョンマウルは昌平高氏が住む村で、「韓屋」と呼ばれた李朝時代に建てられた家屋が有名だ。 昌平伝統市場のすぐとなりには有名なクッパ通りがある。

市場を見学した백종원シェフが目指すのは、クッパ通り内にある潭陽の名物料理「막창전골」。

돼지곱창(豚の腸)や돼지막창(豚の直腸、テッポウ)は歯応えがあって人気です。また「マッチャン」ですが、牛と豚では部位が異なるのがおもしろいところで、소막창(牛の胃袋、ギアラ)など…呼び名は同じだけど部位は違うんです。

ホルモンマニアなら覚えておいて損はありません。

スポンサーリンク

1 COMMENT

マッコリ飲みたい~

おっ、オリンピックの「ピョンチャン」だぁ~ と思ったら、「チャンピョン」昌平だった💦
このスンデの入ったもつ鍋、食べてみたいな~💕 美味しそう~
でも、ペクフェフは美味しそうに食べますね~😊
これは、太る食べ方だよね~😆 食べては飲んで、飲んでは食べる~💦

現在コメントは受け付けておりません。