梅雨明けから本格的な夏へ

【思い出】本当にあった怖い話-20

昭和の風物詩?
時の天ちゃんの誕生日や正月には皇居で一般参賀が行われていた。そこでは、蛇腹大学と拓殖大学の双方の応援団による陣取り合戦が毎度だった。要は天ちゃんから見える良いポジションに応援団旗を立てたいがため。右翼大学の本流争いみたいなモノだが彼らには崇拝、忠誠の真剣勝負だった。

一般参賀が終わり、駅や電車で遭遇しようものなら必ず意地をかけた乱闘が展開された。朝高生から見れば他人事でしかないが…

ある日、とある駅で蛇腹と拓大の輩2〜3人ずつが大喧嘩をしてるのを、私服で通りかかったEオが目撃した。面白いから見学してると蛇腹が優勢になる。

大学生とはいえ蛇腹が勝つのは見たくないし許せない。奴らの学ランを見てるだけで血がたぎるEオは迷う事なく乱闘に参戦し拓大側を手伝った。そして蛇腹をコテンパンにやっつけた。

突然の加勢で難を逃れた拓大生は勝ったとひと息ついた。加勢してくれた有り難い人に誰なのかと聞いた。その答えは何と「朝高だコノヤロー!」だった。

怒ったEオは止まらない。ツッパった学ラン姿を見過ごさない。拓大生は訳が分からないまま「エッ、朝高?高校生?」と呆気。

Eオはすかさず「テメェらもイキがってんじゃねぇぞ!」と怒鳴りながら今度は唖然としている拓大生に襲いかかりボコボコにしてしまった。

そして、悠々とその場から立ち去ってゆく。その日から拓殖大学応援団のリストに<朝高恐るべし。ヤツらは敵だ>の文字が新たに刻まれたとか?!

この話の推薦曲 ザ・スリーディグリーズの 〈冷たい仕打ち〉  (続く)

2 COMMENTS

後悔先に立たず💦

そんなにT大とK大が憎かったのかなぁ? 昔の先輩たちのことだけど少し不思議💦
私なら、素通りしちゃうかも💦👀 一応朝高生だったけど💦
しかし、喧嘩も運が悪ければ、一生引きずるケガをしちゃうこともあるし~気をつけないと👀

わけわかめ

もうこうなると訳わかんないですね😔ただケンカしたかっただけなのかな?なんか嫌な事あったのかな?😌

現在コメントは受け付けておりません。