「春よ、来い」松任谷由実

早春の今の時期、歌詞にある沈丁花のほのかな花の香りを感じると必ず思い出す事があります。遠い昔の青春時代の思い出・・・

リクエストお願いします。

(春の風より)

6 COMMENTS

三寒四温

総連の中央会館の門を入った瞬間に 感じた沈丁花の甘い香りが忘れられません。
高校卒業を前にして就職が決まって 見学と講義を受けに初めて足を踏み入れた中央会館。
私にとって沈丁花の香りは、このときの希望と不安と期待の香りです。
初心…忘れないで💕還暦を迎えても(笑)毎年初春に感じる 天からのメッセージだと思っています。(笑)
素敵な動画をありがとうございます(^-^)
ユーミン🎵大好きです💟

H

「卒業間際の朝高生、チョゴリを着ています。表情は不安気だけど、心の中は希望と期待でいっぱい。めっちゃ未来を見据えています。」ユーミンの歌を聞いてコメントを読んで、そんな姿がばっちりうかびました。沈丁花の甘い香りで何かを思い出す人って多い気がします。ユーミンてホントすごい💕わかってるな~⤴️         

春の風

Hさん、いつも優しさいっぱいありがとう~❣️
そうなの。私がこの曲をリクエストしたのは、沈丁花の花の香りで思い出すことを大切な同級生と語り合ったことがきっかけです。(笑) それぞれの人生において 沈丁花の花の香りの思い出も色々あって…あらためて 今 こうして繋がっていることが奇跡だと感じました❤

b

皆さん
沈丁花の香りの素敵な思い出…いいですね😊
若き日を思い出します。(今も気持ちだけは若き日と変わりませんが😅)

私はユーミンと言うと高校の時に行ったコンサートを思い出すかな〜♫
その頃の同級生カップル、😬何組だったか…5-6組くらいだったかな^ ^
少し背伸びしたお洒落をして神奈川まで観に行きました💕
ユーミンのド派手な衣装を覚えてます😅あとは緊張してたかも。(笑)
いい思い出です。

今も昔もユーミン、大好き⭐️

ムーミン

沈丁花の甘酸っぱい香りは、春めいてくると玄関先から漂ってきます。
その香りに気がつくともう春が近いんだとの思いと、10代後半、20代始めの多感な時期の挫折を思い出して胸が痛んだりします。
年を重ね、その痛みも懐かしく感じるようになってきた今、あのの淋しい思いがあったから今の自分があるのだと自分に納得させています。

対してユーミンというと、高1の時の空虚だが楽しかったことなどを思い出します。
幼なじみの日本人の友人のがいて、その友人の家で一緒に麻雀をやった。
その時、その友人の高2か高3の化粧をしたお姉さんが、たばこを吸いながらラジカセで荒井由実の「あの日にかえりたい」を聴きながら麻雀を見ていました。
そのお姉さんがとても気さくで優しかった。
そのお姉さんは当時の私の好みから言うと真逆でしたが、好感が持て、人って優しさに惹かれるんだと思ったのを覚えています。
ほろ苦と微糖の思い出かな。
リクエスト有り難う。

ユーミン全曲数に唖然!

ユーミン全曲ネットで検索してみたら、オリジナル曲だけで、424曲ですって!(驚)
73年デヴューアルバム『飛行機雲』以来、もの凄い数!(因みに)バンバンの『いちご白書』や小林麻美『雨音はショパン』なんかもユーミンの曲だった。。。(唖然)この人凄すぎる!私の想い出曲の中に果たしてユーミン何曲位あるのかな?相当数あるでしょうね。(^^)我が青春、ユーミンと共にあらん?!★何てね!(笑)

現在コメントは受け付けておりません。