2020年の倒産統計の不思議

新型コロナウイルスは昨年の企業の倒産にどのような影響を与えたのでしょうか。2020年の全国企業倒産(法的整理を対象、負債1000万円以上、個人事業主含む)のデータをこのたび帝国データバンクが公表しましたが、不思議なんです。

倒産件数が過去最低

結果は倒産件数が前年比6.5%減の7809件、負債総額が前年比16.4%減の1兆1810億5600万円となり、件数、負債総額ともに2001年以降の20年間で最少なんです。

コロナ禍で多くの事業者の売り上げ減少したり、来客数が減少したなど極めて厳しい経営状況に置かれているにもかかわらず、倒産件数が減少した最大の要因は、政府主導の各種支援策にあるんですね。

お金のバラマキ?

政府の支援策は、緊急融資から補助金、助成金、給付金そして税金や社会保険料の支払い猶予、不渡りの猶予まで幅広く、これまで中小企業向けに執行された緊急融資は、民間金融機関、日本政策金融公庫、商工中金を合わせて総額31兆6991億円に上っているんです(内閣府データ、1月7日現在)。

一方で「コロナがなければ本来倒産していたはずの事業者が、コロナ支援策によって相当数延命されてしまっているのではないか」と、中小企業金融円滑化法で急増したといわれるゾンビ企業の再来を懸念する声が上がり始めているのが現状なんです。

このツケが回ってくる日は近い?

2020年の企業倒産件数

政府の支援策で生き延びている巨大企業や中小企業がいる反面、政府の支援策を受けられない業種や、個人事業を営んでいるお店も多いのです。湯水のごとく使われている税金。このツケが跳ね返ってくる日がまたやってくるんだろうと零細企業の経営者は身構えてしまいます。

2 COMMENTS

自助より公助でしょ!

経済は良く解らないけど、一部の専門家は「日本は自国紙幣で国債を発行出来るから(あくまでも自国のGDPを超えない中で)インフレにはならないから、破綻はしない。また、増税も必要ない。じゃんじゃんお札を刷れ!財務省の詐欺に騙されるな」と聞いたけどどうなんだろう?
素朴な疑問です。🤔🤔🤔

ハイパーインフレの前兆か?

今世紀に入り、有り得ないとされてた事がことごとく現実化している。

大地震〜大津波!
原発メルトダウン!
今回は、パンデミック!

そしていま、財政支援の名の下で公的資金のばら撒き散財💸💸💸‼️
財源の裏付け無き支援のその先に待っているモノとは?信用不安‼️

紙幣の価値は皆の約束事。その約束事が、一旦破られたとしたら、もはや誰もが貨幣価値を信用しなくなる。既に国債の引き受け手は居ない。今、日銀が自分で買い取っている始末。
国が発行した国債を国が自分で買い取っている。はっ❓おかしく無い。
子供銀行じゃあるまいし。

おの先の結末は紙幣価値の大暴落‼️ハイパーインフレしかない。。。

あ〜、(駄目だ)単なる思い込みであって欲しい。ネガティブな空想であってくれる事を祈る。せつに。

現在コメントは受け付けておりません。