10年前の震災に思う

10年前の今日、悪夢のような東日本大震災が起きました。私は友人と演劇を見に行くところでした。トイレのドアを開けた途端、家が船のように揺れました。

まだ家にいたので帰宅難民にはなりませんでしたが、高校生の子供は学校に泊まり、前日に大学を卒業した娘は、家まで歩いて帰ってきました。皆さんは何をしていましたか?

東北や千葉にいる親戚や友人に片っ端から電話をかけてもつながらず、不安になるばかり。テレビを付けると津波が怪獣のように街を破壊し飛行機を飲み込んでいました。原発の水素爆発に呆然としたことを覚えています。テレビからCMが消え、計画停電なるものまで行われましたね。

あれから10年。朝鮮のことわざに「10年経てば山河が変わる(십년이면 강산도 변한다)」というものがありますが、あれから何が変わったのだろう。

「復興」「絆」「自粛」という耳ざわりのよい言葉の奥にある、見えないものを見て聞こえない声を聞いてゆければと思います。

時が経つと記憶も風化して防災意識も薄くなってきますが、災害は突然訪れるもの。用心に越したことはありません。そして他人を思いやる気持ちと生きることへの希望。何があってもこれだけは肝に銘じておきたいです。

1 COMMENT

あの日から10年経ちましたね

東日本大震災 10 年プロジェクト「つなぐ、つながる」のテーマソングですね。
素敵な曲ですね。

現在コメントは受け付けておりません。