窓の外を眺めながら…

「サンダーバード55/GOGO」’22年に劇場公開

イギリス発の特撮人形劇「サンダーバード」が、スクリーンに復活します。当時の撮影手法そのままに、完全新作エピソード「サンダーバード55/GOGO」(原題:THUNDERBIRDS THE ANNIVERSARY EPISODES)として、2022年に劇場公開&デジタル配信されることが「特撮の日」(7月7日)に発表されました。

ジェリー・アンダーソンの代表作にして、スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使した特撮人形劇のテレビシリーズ「サンダーバード」。7月7日が誕生日で「特撮の日」制定の由来ともなりました、「ウルトラマン」の生みの親で日本の特撮の礎を築いた”特撮の神様”円谷英二に影響を与えた作品として知られていますね。

日本では1966年に放送開始され、55周年を迎えたことを記念し、「サンダーバード55周年プロジェクト」が発足。「サンダーバード55/GOGO」はその目玉企画としています。

「サンダーバード55/GOGO」は、本国イギリスの熱狂的なサンダーバードファンのクラウドファンディングによって制作された3話のエピソードを日本公開用に独自に再編集した特別版です。

当時ラジオドラマとして書かれた脚本をもとに、はじめて映像化されたもので、オリジナルへのオマージュとしてスーパーマリオネーションの伝統的な技術を駆使して撮影され、完全新作として甦りました。

日本でのオリジナル新作公開は、1968年公開「サンダーバード6号」以来54年ぶり。「伝説復活の歴史的瞬間をぜひ目撃してほしい」としています。

サンダーバード55周年プロジェクトでは、「サンダーバード55周年シネマコンサート~世界の人の命を守る科学と勇気の物語~」の開催や、プラモデルの発売、ダイキャスト製「FAB1 ペネロープ号」の数量限定生産などのほか、公式YouTubeチャンネルの開設も予定しています。詳細は特設サイトを参照ください。

2 COMMENTS

I LOVE❤️サンダーバード

出た〜〜〜‼️サンダーバード(笑)
長い間、お待ちしてました。そうです!CGのアニメじゃ無くて、あの“カクカク動く“奴です。人形が、(笑)
これを待っていましたよ〜‼️(^^)
来年の七夕の日ですね、今から指折り数えて、楽しみにお待ちしております。I LOVE❤️サンダーバード様。

ヴァージン・ギャラクティック

7月11日、民間有人飛行実験が、無事成功した‼️ヴァージングループが、開発中の翼付き飛行ロケット🚀で、音速の3倍の速さが出るそうです。

実用化目前、夢のある計画です。18歳以上で健康体の人ならば、3日間のトレーニングだけで搭乗可能に。上限は設けて無いそうです。費用は1人2800万円‼️(笑)

21世紀な宇宙旅行がいよいよ、実現しそうです。まだテスト飛行の段階で実用化まで、もうしばらくかかりそうですが、良いですね❗️こういう取り組み、夢があります。

現在コメントは受け付けておりません。