지영이는 보았다(第2弾)その12

チヨンは寝覚めから有頂天だった。昨晩の覗き見は김の通話の最中で、殆ど何も見えなかったが、通話の内容を聞いて嬌声を発しそうだった。

通話の相手は조방도で上野で会う約束をしていた。김が「…新しい가게で遊びたいけど、どっか知ってる?」と聞くと、조はちょっと間をおき「영주が確か言ってたなぁ。そうや、〈품〉だった。前にママの가게で会ったお前のタイプの子はそこで働いてるって。」

김はわざと「えっ、いつの話?」ととぼける。「軍事パレードした時だよ。」爆笑したあと김は「あー、あのイケてる子ね。そこに行っちゃう?」…

김が来る!でも私をちゃんと憶えていない様な김の物言いは腹が立つし憎らしい。(お仕置き〜!) そしてハッとする。(내 정신 봐라. 아저씨가 뭔데. 정신 차렷, 박지영!)

知らないうちに覗き見が、自らを危険エリアに誘ってるとチヨンは認めざるを得ない。でも簡単にイレイザーできないのが人の思いだ。

가게出勤の時間が迫る。チヨンが自らを律しても、김との再会を待ち侘びてしまう心は化粧や服装のチェックを急き立てる。出勤すると가게ママが「어머〜,하나야 웬일이니? 오늘따라 너무 이쁘다」って驚くほど気合いが入ってしまったようだ。ハナは(두번째 만남에 불가해. 조심하자.) と自らに言い聞かす。

上野に向かう新幹線内で、김はソワソワと落ちつきなく、トイレを行ったり来たりしていた。頻尿のせいではなく、ミッション開始の気負いでもない。ただチヨンに会える緊張と嬉しさからだ。それも経費で。

どう取り組むべきか考えを巡らすが、スケベ心が邪魔をして妙案が浮かばない。下手に芝居するよりも(覗き見られてるから)普段通りが正解かなと思った。

落着きを取り戻した김は「♫ありの〜ままの〜姿見せるのよ〜♪」 と口ずさんでしまう。隣席のおばさんに怪訝な表情で睨まれた。

上野に着いた彼は、予約したパークホテルにチェックインしたあと조방도、류춘호と合流し、まずは晩飯と近くの焼鳥屋の暖簾をくぐった。
チヨンとの対峙はいよいよだ… …

          続く

3 COMMENTS

スパイ大作戦

いよいよスパイ大作戦開始⁈
김さんチヨンに思いを馳せるのもいいけどしっかりミッションクリアして下さいよ。ミイラ取りがミイラにならない様に。

匿名と言う名の匿名

この後の展開にワクワクします。
まさか、任務を忘れて年の差恋愛なんて…
楽しみですね❤️

まだまだ現役

私もチヨンと付き合いたいです❣️誰か紹介してくれないかな〜

現在コメントは受け付けておりません。