「男はつらいよ お帰り 寅さん」鑑賞

かみさんと映画「お帰り 寅さん」を観た。

「メロン事件」をはじめとする名場面が 回想シーンで 流れるたびに、笑いと涙であっという間の2時間 だった。 もっとノスタルジックな映画なのかと思いきや、いい意味で裏切ってくれた。名匠・山田洋次監督の 手腕を改めて堪能することができた。

山田洋次監督は今年で88歳になる大ベテラン監督だが、現在も若々しさを内に秘めている人だと改めて感じた。去年60歳を迎えた私などはまだまだ子供だなと思わされた。

寅さんの甥、吉岡秀隆演じる満男が、脱サラして小説家になっていたのには驚いたが…

満男の初恋の相手である後藤久美子演じるイズミの姿は「今の後藤久美子」という女性のキャリア を活かした役どころで、キャスティングの巧みさも感じられる。 回想シーンとして挿入される過去作の映像も、映画の中の、そして現実世界の“本物の過去”であるだ けに、抜群の説得力があった。

若き日の姿を見せる歴代マドンナの面々も華を添え、中には去年に逝去した八千草薫の姿もあって、 この映画の持つ歴史の重さ、奥の深さを実感させられた。

満男と後藤久美子演じるイズミとの数十年ぶりの再会シーンは、去年行われた28期同窓会のそれぞれの再会を彷彿させる心温まるシーンだった。

寅さんが好きでたまらない私。

上映中の7割は涙、3割は笑い。 自分の未熟さも手伝って見終わるとなぜか家族をはじめとする人間関係において、もっと優しくならねばと反省させられるのは歳のせいか?

こころ温まる素敵な映画だった。みなさんも是非ご覧になってはいかがでしょうか?

松竹のまわし者ではありませんよ。あしからず。

(英)

5 COMMENTS

子年の女

英さん
まさに私達時代、恒例映画でしたね(^^)
暮れからやっているのは知っていましたが、まだ観ずにいます。
英さんの文を見ているとなんか観たくなってきましたよ😊👍

寅さんが生きていた頃、お正月になると毎年観ていたこと 思い出しました。昔は混み混みで立ち見でした!笑😂
今は素晴らしい指定席ですね。
心地良くて先日、寝てしまいましたが…😵
その昔 幼い息子が、寅さんにハマり毎週ビデオを借りに行ってました😬
近いうち観に行ってみようと思います⭐️ ステキな解説 ありがとう!

子年の女さん
是非、是非。
寅さんワールドに浸って下さい。
そして寒い季節に心の底からほんわか温まること間違いなしです。

子年の女

今日、休みでひとり映画 寅さんを観てきました!
少しワクワクしながら観た😊
やっぱり、いいわ〜(๑>◡<๑)
途中、なぜか涙が止まらなくなって…グッと堪えた。でもそのあと面白くて笑った。
いつもの寅さん劇場とは少し違った、不思議な感覚の映画だと思った⭐️
構成も良かったですね☆

昔の寅さんの映像が出ると、なんか懐かしすぎてこみ上げてきたのは私だけ?
なんだろう…この感情。
な〜んて思って鑑賞していたらあっという間に終わりました。
今日は居眠りしませんでしたよ(笑)

観に行って良かったよ〜と、帰りに待ち合わせた旦那と焼き鳥を食べながら語った今日でした😊
観ていない人、1度観て見るといいですよ〜👍

H

今、一番見たい映画です♥️レンタル始まるまで待とうと思っていたけど💦💦やっぱり早く見たいしな~。映画館の帰りに葛飾柴又のとらやってダンゴやを訪ねようかな😊 あ、桑田の主題歌も良かったでしょう?🎵✌️😊

K

観ました!私も寅さん大好きです!BSでたまにやる寅さんを撮り溜めては主人と一杯やりながらよく観てます。私より必ず先に涙する主人、男はやっぱりつらいのかな…女もつらいのよ…なんて思いを馳せながら観る至福のひと時です。今月なんとBSプレミアムで関西弁の「贋作寅さん」放送してますね!山田洋次監督のユーモアとお茶目さに感服です。

現在コメントは受け付けておりません。