今日はモンダンヨンピル映画祭

【健康】油断は禁物ー尿失禁

みなさん。油断してておしっこを漏らしてしまった経験はありますか?おしっこは腎臓でつくられ、尿管を通って膀胱に蓄えられますが、腎臓、尿管、膀胱は構造的な男女の性別の差はありません。

男性女性の構造の違いは、尿道の長さと尿道まわりの構造にあります。女性の尿道は3~4cmと短く、まっすぐ。一方、男性の尿道は17~20cmと長く、しかも途中2カ所で折れ曲がっています。

また、尿道の開閉をつかさどる骨盤底の筋肉群も男性の場合は女性より強力で、男性は前立腺が尿道のまわりを取り囲んでいます。なので統計的に見ても尿失禁は男性より女性のほうが多いのです。

排尿機能の性差

加齢に伴って、女性は尿道の位置の変形や骨盤底の筋肉群の機能低下が起こりやすく、腹圧がかかった時の尿もれや、トイレまで我慢がきかない尿もれが起こりやすくなります。

男性の場合は、加齢に伴って前立腺が肥大化する傾向があります。前立腺が肥大化すると尿道を狭窄し、尿が出にくくなることがあります。また、男性の場合、尿道がたるんで、折れ曲がった尿道球部のところに尿が残り、排尿後に無意識に垂れたりすることもあります。

排尿の異常

排尿の異常には、尿失禁だけでなく、頻尿、おしっこが出づらい、残尿感がある、いつもおしっこがしたいような違和感、蓄尿時や排尿時の痛み、神経障害による尿意の鈍磨など、さまざまな症状があります。

おしっこが我慢できないで、もれてしまうのが「蓄尿障害」による尿もれ、尿を出し切れなくて膀胱から尿があふれてもれてしまうのが「排出障害」による尿もれです。

尿失禁のタイプと症状

腹圧性尿失禁

重い物を持ち上げたり、咳やくしゃみなどによる腹圧の上昇で起こる尿失禁です。主に尿道や尿道まわりに異常があり、膀胱の過活動はないとされています。

切迫性尿失禁

強い尿意切迫感とともに、尿をこらえきれずにもらしてしまう失禁です。不随意の膀胱収縮を伴います。

混合型尿失禁

「腹圧性尿失禁」と「切迫性尿失禁」の混合型の失禁です。

溢流(いつりゅう)性尿失禁

排出障害が基礎疾患としてあり、尿閉状態となり尿が溢れる状態をいいます。

機能性尿失禁

運動機能の障害や、認知症などのためにトイレに間に合わない、あるいはトイレが分からない、排泄行為が認識できないなどの理由で起きる失禁です。

骨盤底筋体操にチャレンジ

この体操は米国の産婦人科医が考案した方法で、医師の名前からケーゲル体操とも呼ばれています。排尿時に肛門と膣をギュッと締めてみてください。おしっこが止められると思います。それが骨盤底筋群が収縮した感触です。お腹には力を入れないようにします。

排尿が止められる感触が解ったらトレーニングの開始です。仰向けで肩幅まで開脚し息を吸いながら肛門・膣を胃のほうに吸い上げるような感じで五秒間“ギュッ”と締めます。その後五秒緩めます。これを5回繰り返してください。この5回を一セットとして、一日5セットやりましょう。合計で一日25回、締めたことになります。

基本ができたら応用編です。椅子に深く腰掛け両脚は肩幅くらい開く姿勢、床にうつぶせになり肘をついて手で顔を支えながらの姿勢、机に両肘をもたれて背筋を伸ばし軽く開脚する姿勢、あるいは立ったままで軽く開脚する姿勢などです。どの姿勢でも効果は同等ですが、仰向けが最もリラックスしやすく基本的な姿勢です。

体操で効果を実感

腹圧性尿失禁は、出産・加齢のほかに、肥満や便秘なども誘因になると言われています。日常の食生活に注意しましょう。骨盤底筋体操は地味なトレーニングです。効果が表れるまで3週間~8か月と言われています。毎日欠かさず行うことが大切です。

さらに筋肉の衰えは加齢とともに進行しますので治ってもやめてはいけません。発症して間もない腹圧性尿失禁でしたら効果が十分に期待できますのであきらめずにトライしましょう。

この体操は尿失禁予防を目的として考案されたので、子宮や膀胱が外陰部から飛び出してくる骨盤内臓器脱と呼ばれる疾患の予防になることもわかっています。また海外では体操を継続することで女性の性的な満足度も改善したという報告もあります。

まとめ

最後に骨盤底筋体操は女性だけを対象としたものではないことを付け加えておきます。過活動膀胱は女性特有の疾患ではありません。前立腺肥大症と同様に高齢男性にも発症します。女性の過活動膀胱患者は40歳以下でも発症しますが、男性の場合は前立腺肥大症が発症する60歳以降に増えてくるのが特徴的です。

治療は薬物療法が中心となりますが、始めると一生薬を飲まざるを得ないといった欠点があります。そのため症状の軽いうちから骨盤底筋体操を始めることは大切です。

男性でも肛門を締めると尿が止められます。女性とほぼ同様の要領でこの体操をやってください。奥様が閉経を迎えたらご夫婦そろって骨盤底筋体操を日課として取り入れることをお勧めします。

【健康】目の老化について 【健康】男性の泌尿器の病気について
スポンサーリンク

2 COMMENTS

糞ももれる💦

もう~ もれる💦 もれる💦 だだもれで~ 溜息までもれちゃう~今日この頃😢
歳は取りたくないけど、老化は確実に進行してるもんね~😞
アンチエイジングを心がけて、色々やるけど~ 着実にじじぃ~💦

複雑

男性よりも女性のほうが尿漏れ率が高いと聞きます。
構造が関係するのですね~。

現在コメントは受け付けておりません。