【健康】目の老化について

昔から、老いは目と歯から始まるといわれています。特に、近くが見づらくなることに始まる老眼は、機能的な衰えを自覚する最初の症状ではないでしょうか。

老眼の初期には、老眼であることを認めたがらなかったり、老眼鏡をかけることに抵抗がある人も多いと思います。しかし老眼を軽くみて、市販の簡単な老眼鏡を適当にかけたり、目に合わない老眼鏡を使用することは、眼精疲労をはじめとした身体症状をきたす大きな原因になります。

どうして老眼になるのか

目の中には水晶体という、カメラのレンズに相当する組織があり、遠くのものや近くのものにピントを合わせる大切なはたらきをしています。近くのものを見るときには、水晶体を吊り下げている毛様体小帯という線維がゆるみ、その結果、水晶体の厚みが増して近くのものにピントを合わせることができます。

しかし年齢とともに水晶体がかたくなり、毛様体小帯がゆるんで水晶体の厚さを変えることができなくなってきます。そのため、近くのものにピントを合わせることができなくなるのが老眼です。

老眼の症状

老眼が進むと近くの細かい字が読みづらい、また近くから遠くへ、遠くから近くへと距離の違うものにピントを合わせるのに、時間がかかるようになってきます。

たとえば、新聞や辞書などの細かい字を読むとき、目から離さないと読みづらくなったり、暗くなると本などの字が読みづらくなります。また、本を読んでいてふと目をあげると、窓の外の景色がぼんやりして見え、じっと見ているとだんだんはっきりしてくるというような症状が起きてきます。

老眼になりやすい人はいる?老眼を直す方法は?

老眼は加齢による生理現象なので、白髪と同じようにどんな人にも同じように起きてきます。たいていは、40歳ごろから老眼の症状を自覚し始め、45歳くらいで老眼鏡が必要になります。なので特に老眼になりやすい人、というのはいません。

ただ、普段から細かい手仕事をする人やパソコン作業などいろいろな距離を見る必要がある人たちは、早くから老眼に気がつく傾向があります。

老眼は加齢に伴う生理現象なので、治す方法はありません。老眼鏡をかけて矯正する以外に手段はありません。

近視の人も老眼に?

眼は近視があるなしにかかわらず、同じように進行します。近視の人も、メガネをかけて遠くがよく見える状態では、同様に40 歳ごろから見づらくなり、老眼を自覚し始めます。

でも近視の人がメガネをかけていなかったり、またかけていても、弱めのメガネしかかけていない場合は、もともと遠くのものではなく近くのものにピントが合っている状態なので、近くを見るために水晶体の厚さを変える必要がなく、老眼を自覚しにくい場合はあります。

まとめ

老眼かなと思ったら、まず眼科の専門医の診察を受けてください。自分では老眼だろうと思っても、他の病気による視力低下が隠れていることもあります。眼科できちんと検査したうえで、老眼による視力低下であるとの診断をします。自己判断ですませるのは危険です。

さらに検眼は医療行為なので、眼科を受診することはなおさら大切です。老眼かな?と思って受診したら、白内障や緑内障、眼底出血や網膜剥離などの重大な病気が隠れていることがあるので、保険が使えるうちに目のメンテナンスや診断も忘れずに行うよう心がけましょう。

【健康】知っておきたい!グルコサミンとコンドロイチン 【健康】診療の時だけ血圧が高い?
スポンサーリンク

1 COMMENT

牛乳瓶の底

幸い、近視だけで老眼は、今のところ無いので、裸眼で近くの物は見えます~👀
メガネを外せば、本も読めますよ~😊
でも、一気に来ると嫌なので、気を付けないと~👀

現在コメントは受け付けておりません。