若く楽しく美しく(45)-アロマで若返り

身も心も若返ると言われているアロマテラピー。常にアンチエイジングのトップにその名を連ねていますね。うまく利用すれば薬と同じぐらいの効果があると言われています。アロマの種類は数百種類あるそうですが、そのすべてに心と体を癒す働きがあるんですって。アロマの香りが直接脳に届いて自律神経や良いホルモンの分泌を助けてリラックスさせてくれるんです。

“香りで若返り”のルーツはなんと14世紀ハンガリーの“王妃の水伝説”にまでさかのぼります。王妃が70歳を超えて病気になった時、ローズマリーから抽出した液体で元気を取り戻し、さらには20代のポーランド王子からプロポーズされたという伝説。あくまでも伝説ですが… 木々や草花の香りにはそれぐらい効果があるということでしょう。

まあ、20代からのプロポーズはあり得ませんけど、アロマに癒されたくてアロマキャンドルを作ってみました。本当に簡単なんですよ。材料は家にあるロウソクとガラスの容器(プリンなどの容器で十分)、アロマオイルこれだけ。

ロウソクをガラスの器に入れて湯煎します。バースデーケーキのロウソクが残っていたので一緒に入れちゃいました。

蝋が解けて液体になったら取り出して、芯が潜らないように手で固定

1つはペパーミント油、もう一つには、おまけでもらった香水を入れました。残っていた銀粉も入れちゃいました。

固まるまでひたすら冷まします。

冷めたら完成です。

ゆらゆら揺れる炎とほのかに香る匂い。最高の癒しです。その上、アンチエイジングにもなるなんて! アロマ、恐るべし。