【雑学】キャベツの葉を1枚ずつきれいにはがす裏技

スーパーでキャベツが安く手に入る季節になりました。肉厚のキャベツは、ロールキャベツなどの煮込み料理には最適です。

でも、キャベツの葉を1枚ずつ取りたくても、きれいにはがすのは至難の技。うまくはがせず途中で破れてイライラすることもあるでしょう。

そこで今回は、キャベツの葉を1枚ずつきれいにはがす方法を紹介します。

まず、キャベツの芯の部分を上にします。芯の根元に、包丁で斜めに切り込みを入れましょう。切り込みを入れたら、外側の葉を芯の方から丁寧にむいていきます。

次に、写真のようにキャベツの本体と葉の間に指を入れ、その隙間に水道水を少しずつ流し入れます。すると、葉と葉の間に入り込んだ水の重みで、簡単にスルッとはがれてきます。

試しに何枚かはがしてみましたが、特に力を入れる必要もなく、写真のように、キレイに1枚ずつはがれました。

葉がギュッと重なっていると、なかなかはがれない場合もあるので、その時は、いろいろな方向から水道水を流し入れるとはがせるでしょう。この方法であれば、葉を破らずにむけるのでロールキャベツを作る際にはとても便利。

残ったキャベツは葉と葉の間の水気をしっかりと切り、ポリ袋に入れて保存しましょう。気になった人は、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

1 COMMENT

今は食べるよ

へぇ〜 そんな裏技があるんだ〜😢
昔、珍しくキャベツを蒸して、チョジャンで食べたくなって、近所で買って来たら、虫が〜💦 それから、しばらくキャベツ嫌いになった😅

現在コメントは受け付けておりません。