介護のジカン―姑編⑱

姑の部屋のぬれ縁にはムクゲの木が植えられていて夏になるとピンクの花を咲かせていたのだが、徐々に花の数が少なくなっていって最近では緑の葉ばかりが茂っている。花は枯れて落ちてしまったと思っていたが、辺りに花の残骸は落ちていなかった。

そうなのだ。姑が食していたのだった!さいわい身体に害はなく他人にも迷惑をかけているわけではないので笑い話で終わっていたが、バラとなると笑ってはいられない。バラにはトゲがあるではないか。おそらくバラを食べながら何度もトゲに刺さっただろうに。心配になって姑の手を見たが、その痕跡はなかった。やれやれ…

ただ、私がいない間に病室では隣の患者さんのケーキが消えるという、手品のような事件も起きていた。話によると、隣の患者さんがトイレから戻るとお見舞いのケーキが跡形もなく消えてしまっていたそうだ。病室に患者は4人だが、姑の口元にはクリームが付いている。言い逃れはできない。私はケーキ屋さんへ飛んで行きケーキを弁償して平謝り。

それにしても、普段は歩けなくても食べ物を前にすると俄然元気になるのも認知症の共通点なのかしら。これもまた本能なのだろう。

2 COMMENTS

匿名

認知症でもやはり本能である食べる事は忘れないんですよね。
うちのアボジもそうでしたが、本能のままに食べ物に対しては貪欲でしたね。
若い頃は決してそんな事なかったアボジでしたから、タガが外れたのかな?と思う程食べ物に関しては手を伸ばしてました。
本当に介護は大変だと思います。
長男の嫁…誰にも言えない苦労を一身に背負って頑張る投稿者さん、ファイト❗️

匿名2

本当に、ご苦労様です。

食欲がすごいのは認知症の人に多いですね。
ナスが大好きなシオモニに麻婆ナスを作ったら、ペロリと食した後に私のお皿をジッと見てました😐
オモニ、もっと食べる?と言ったらニッコリ^^💦なんて事何度もあったなぁ…
大人しいシオモニが認知症が進んできたある時、私を長男の嫁と思ったらしく…鬼の形相で何度か怒鳴られたことがあった。私の知らない話をして怒鳴ったのです。
我慢して同居していたみたいで…
それで家を出て…次男の我が家に来たときは、誰も知らなかったけど既に認知症になっていた…
なんか切ないですね🥺
ストレスを溜めすぎても認知症が早いそうです。そうじゃない認知症もありますが🙂
多かれ少なかれ、今もこれからも認知症で大変な思いをする人がいると思います。
大変だけど…笑うこと、大事かなと思います🙂
長文でごめんなさい🙏

現在コメントは受け付けておりません。