【健康】白内障の症状について

加齢を原因に発症する白内障は、80代になるとほぼ100%の人が発症するといわれていますが、白内障は突然発症するのか、片目から発症するものなのかなど、具体的にどのような初期症状や兆候が現れてくるのかは意外と知られていませんね。

白内障は視力低下のほか、光をまぶしく感じたり、ものや文字が二重に見えたりするなど、さまざまな症状が現れます。今日は白内障の主な症状について調べてみたいと思います。

白内障の初期症状

白内障は、目の水晶体が白く濁り、さまざまな症状が現れる病気ですが、初期ではこれといった兆候が現れないことがほとんどのため、病気を自覚ぢたり、判断できることはめったにありません。

また白内障は、よほど進行しない限り、目が完全に見えなくなることはありません。片目が少し見えづらくなってきたとしても、一方の目が見やすさを自然とカバーするため、それなりに日常生活を送ることができてしまいます。その結果、自覚症状がないままの状態が10年以上続くこともあります。

白内障が進行してくると、次のような症状が現れます。

  • 目がかすむ
  • 視力が低下する
  • 光をまぶしく感じる
  • 眼鏡の度が合わなくなる
  • ものが二重に見える
  • 目が疲れやすい

白内障は、目の中でピントを調整する、カメラでいうレンズのような働きをしている水晶体が、白く濁る病気です。水晶体が白く濁ると目の中に届くはずの光の量が減少し、光が十分に眼底に届かなかったり、ピント調節機能がうまく働かなくなります。

その結果、さまざまな症状が現れてくるようになります。

目がかすむ

白内障の症状のひとつに、目のかすみがあります。水晶体が白く濁ると光の透過性が落ちるため、ものがかすんだように見えて、なんとなくすっきり見えない、ピントが合いにくいといった症状がみられます。

くもりのあるレンズを使って写真を撮影するとシャープさやクリアさが失われたぼやけた写真になったり、くもりガラスを通してものを見たらかすんで見えたりするのと同じ仕組みです。

視力の低下

水晶体の濁りの多くは、水晶体の外側から中心部に向かって進行していきます。視力の低下を実感するのは、濁りが中心部に到達してからです。初期であれば、視力低下を実感することはほとんどありません。

でも後嚢下白内障では、早期から濁りが中央部に出てくるため、視力低下を感じやすいですが、核性白内障では主に黄色く濁るだけで、水晶体の透明性は比較的保たれることが多いため、進行しなければ視力は低下しないこともあります。

このように視力の低下と白内障の進行度は必ずしも比例するわけではないのだそうだ。

光がまぶしく感じる

水晶体が濁っていると光がまっすぐ網膜に届かず、光の散乱が生じます。その結果、光をまぶしく感じるようになります。

特に光を敏感に感じやすいのは、夜道で明るい街灯や信号を見たときです。皮質白内障や後嚢下白内障では水晶体が白く濁ってくるため光の散乱が生じやすく、これらの白内障では夜間の車の運転中にヘッドライトをまぶしく感じやすくなります。

夜間の運転中に信号やヘッドライトなどを見た際にこうした症状が現れると、交通事故にもつながりかねません。夜の光がまぶしすぎると感じたら、医師に必ず相談してください。

眼鏡の度が合わなくなる

多くの白内障では水晶体の端の方から少しずつ濁り始め、中心部に到達するまでには時間がかかります。そのため、白内障が進行しない限り視力の低下を感じることはありません。

しかし、水晶体の中心部から濁りがはじまる核白内障では、白内障の進行とともに近視が進むケースがあります。白内障の進行とともに水晶体が膨らんでくるため近視が進み、眼鏡の度を合わせても、1年ほどで合わなくなるといったことも起こりえます。

また、老眼鏡がないと新聞が読めなかった人が、老眼鏡がいらなくなったというケースも見られますが、これは決して老眼が治ったわけではなく、白内障が進行したせいかもしれません。

ものが二重に見える

ものが二重や三重に見えることも、白内障の代表的な症状のひとつです。

水晶体の濁っている部分と透明な部分では光の進行方向がそれぞれ変わるため、複数の像が見えてしまいます。物が複数に重なって見えることを複視といいますが、複視のすべてが白内障によるものというわけではありません。

ものが二重三重に見える複視が白内障によるものかどうかは、例えば月を見てみるとわかる場合があります。眼鏡をお持ちの場合は眼鏡をした状態で片目づつ月を見てみましょう月が二重三重に見えた場合は白内障かもしれません。

目が疲れやすい

水晶体の厚みを変化させるには、水晶体のまわりの筋肉を動かすことが必要です。しかし水晶体が白く濁ってしまう白内障の場合では、ピントを合わせることが難しくなります。それでも目はどうにかピントを合わせようとして働くため、常に目の筋肉を使っている状態になるのです。このことから、白内障になると目が疲れやすくなってしまいます。

また、ものが見えづらくなったり、まぶしさを感じたり、ものがぼやけたりするなどといった白内障の諸症状は、目に多くのストレスを与えます。これらすべてが眼精疲労の原因になりえます。

まとめ

そういう私も全体的に白内障が進んでいるようなので、8月上旬に眼科で検査をしてもらいました。悪化しないうちに手術を勧められました。右目を9月の下旬に、そして左目はその後に手術しようと思っています。手術の手順や感想などは近いうちに投稿しようと思っています。

スポンサーリンク

2 COMMENTS

濁り?

えっ、手術するの? 気を付けてね~👍
でも、最近のオペは、ちゃっちゃっって、すぐに終わるって聞いたことあるし~
昔は片目づつオペしたけど、最近は、両眼を同時にやっちゃうって聞いたこともある~
術後は、見え過ぎちゃって、まぶしい~まぶしい~って、オモニが言ってた😆

手術頑張ってね〜

30年以上前にシオモニが白内障の手術後
顔の両面にレンガを固定しベットで2日間寝てました。
しかも1週間の入院、医学進歩してますね
私もそろそろかなと気になります。
術後の投稿待ってます!

現在コメントは受け付けておりません。