梅雨明けから本格的な夏へ

【健康】熱中症から命を守ろう

今年の夏も急な猛暑の到来となり、体が暑さに慣れないうちに早くも熱中症のリスクが高まっています。熱中症予防のポイントをしっかり確認し、お互い声をかけあい、暑い夏を元気に過ごしましょう。

熱中症とは、高温多湿な環境に長くいることで、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温を調節する機能が低下して、体内に熱がこもることで発症する症状の総称です。短時間で症状が進行する場合が多く、重症化すると命にかかわることもあります。これはだれもがかかる可能性があり、屋外だけでなく室内で発症することもあります。

特に注意が必要な方

熱中症患者の約半数は高齢者だと言われています。暑さやのどの渇きを感じづらく、体の調節機能が低下しているため、気付かないうちに熱中症になっていることがあります。「エアコンを使いたくない」「トイレが心配で水分を控えている」といった方は特に気を付けましょう。

大人よりも地面からの距離が近い乳幼児は、地面からの照り返しにより、大人以上に暑い環境にいます。体温を調節する機能も未熟なため、特に注意が必要です。短時間でも、気温が高くなりやすい車内等にお子さんを一人にするのはとても危険です。

熱中症予防のポイント

熱中症予防のポイントはまず、のどの渇きを感じる前に、小まめに水分を補給すること。1時間ごとにコップ1杯の水を飲むことを習慣づけよう。また大量に汗をかいたときは、食塩水やスポーツドリンク等で水分・塩分を補給することを忘れずに行おう。

また、のどの渇きには生ビールやキンキンに冷えた酎ハイなどを飲んで過ごされる方も多いと思うが、アルコールは利尿作用があるため、水分補給には適しませんよ。

また住まいの工夫も大事です。部屋の温度が28℃を超えないように、エアコンの設定温度を柔軟に調整する。扇風機を上手に利用して、カーテン・すだれ等で窓からの日差しを遮ることも工夫したいですね。またこの時期に公民館や図書館などの涼しい公共施設等を利用することも検討したいですね。

そして何よりも大事な事は、バランスの良い食事や睡眠、休養をしっかり取って、規則正しい生活を心掛けること。

熱中症を疑ったらすぐに対処を!

熱中症は、早い段階での対応が重要です。「熱中症かな」と思ったり、周りに熱中症と思われる方がいたら、適切に対応しましょう。

2 COMMENTS

暑いの苦手

激しい運動中もお水を飲んではいけないと言われていた私達の学生時代。よく生きていたな~と思います。昔は今程暑くなかった事もあるんでしょうが、です。
熱中症、防げる対策がいっぱいありますね。気をつけます❗

ふらつく~👀

もう若くないんだもんね~我々💦
近所の大きな図書館に行くと、机にうっつぷして、爆睡している浮浪者(?)っぽい人、大勢いる👀💦 涼しくて快適なんだもん~わかるよね💦 でも、近づくと匂う👃
キンキンに冷えたビールは美味しいんだけどな🍺

現在コメントは受け付けておりません。