映画「国際市場で逢いましょう」

映画「国際市場で逢いましょう」を観ました。冒頭の10分で観るのを辞めようかと思ったけど、最後まで見てよかった。良い映画に巡り会いました。

在日を取り巻く日本の社会にはまだ問題がたくさんありますが、やはり戦争の無いこの地で生まれ育った私たちは、なんて幸せなんだろうと心の底から痛感しました。

6 COMMENTS

韓国映画は最高!

この映画はオススメします。
たまたま、私は韓国ソウル、公開日初日に観ました。韓国の映画料金は早朝料金、夜間料金は5000ウォン500円、普通に8000ウォン800円なんです。1000万人の離散家族、ベトナム戦争、西ドイツの炭鉱物語ですが感動、笑いありの映画でした。
ファンジョンミョン、かっこいい!

次男坊

この映画の副題を付けるとしたら「長男はつらいよ!」だね。我が民族の長男は親から可愛いがられるんだけど、期待が半端なくて、この映画を観ながら「あー、次男で良かった」と思いましたよ。

長男坊

西ドイツで炭鉱夫と看護師として出稼ぎをした主人公の윤덕수と오영자が속도위반결혼(速度違反結婚=出来ちゃった婚)をするにいたる顛末がおもしろかった.歴史に翻弄される庶民をえがいた,涙あり・笑いありの感動物語です.

故郷は釜山

韓国映画で1番感動して1番泣きました。
公開当時に映画館で観たのですが…笑いあり涙ありで、彼方此方ですすり泣く声や泣きじゃくる声も聞こえてきました。
「国際市場で逢いましょう」
という邦題に込められたメッセージも素敵です✨
朝鮮戦争からベトナム戦争までの激動の時代を生き抜き、家族を守る為に、父親との約束を果たす為に、お店を守り続けるドクス。
“こんな時代に生きて辛い思いをするのが自分たちで良かった。こんな辛い思いをするのが自分の子供たちで無くて良かった。” という言葉には涙が止まりませんでした。
韓国の経済成長や文化の発展に貢献した著名人達が後の〜 という設定で登場するのも見どころだと思います。
釜山訛りの韓国語も聞いていて心地よいです☺️
平和と自由を謳歌できる時代に生まれたことを改めて感謝したいと思います🕊

私も釜山よ

この映画を友人や姉妹に勧めたら、ほとんどが観ていました。どうやら私だけ知らなかったようです😊
「家長なんだ。家族を守るんだぞ」とアボジに言い残された主人公。その後の人生、それを貫く事になりました。この映画のテーマはそこにあったのかもしれない。ですが私の心に響いたのは、‘’故郷は釜山‘’さんが言ったように、平和な現代に生まれ育った幸運と、何より子ども達にあの試練が降りかからなかった幸運です。そしてあの時代(今もだけど)、命に関わる苦労をされた人達、朝鮮半島で今も続く離散家族の現状。忘れてないけど、もっとずーっと忘れてはいけない。
良い映画でした。

LS

韓国映画は離散家族,格差問題,民主化など,重厚なテーマを扱いつつ娯楽としても成立しています.この映画も,上映約二時間,文字どおり泣き笑いの連続でした.西ドイツで一夜をともにし,韓国で妊娠を告げられた主人公윤덕수が,自分の子だとは露とも思わないどころか,오영자が他の男と結ばれたと早合点し,悔しさをこらえながら祝福して,ビンタをくらう場面には,笑いながら涙がでました.わたしが好きなシーンのひとつです.

現在コメントは受け付けておりません。