紅葉の日光白根山登山

標高2577mの日光白根山は、五色山や金精山などに囲まれているので、山麓からは眺めることが出来ない山です。そのため、奥白根山とも呼ばれています。

早朝、東北自動車道を走り、宇都宮ICから日光宇都宮道路を走って清滝ICに降り、いろは坂を登り、中禅寺湖を通って戦場ヶ原を抜けます。目指すは丸沼高原スキー場です。早朝8時発のロープウェイ(スキーゴンドラ)に乗り、高度差600mを一気に登ります。

ゴンドラから見える景色は最高です。天気も良いし、もう紅葉が始まってますね。

山頂駅からは奥白根山の全容が眺められます。山頂駅周辺にはレストランや展望台(天空テラス)、足湯などが整備され、この時期は観光客で賑わいます。

登山道ははじめは幅が広くて平らな道が続き、途中に自然散策コース(展望台)の分岐もあります。深い樹林帯の中を進むと階段の登り区間が続くようになり、やがて急登となります。

森林限界を越えると、見晴らしの開けた砂礫の道になります。ここからの展望はよく、武尊山や前日光山地などを見晴らすことができます。

目の前のピークを右に巻きながら高山植物も豊富な斜面を登り詰めると、火口跡のすぐ脇に至ります。

左手には奥白根神社の祠があり、奥に見えるピークに山頂標があります。

山頂付近は複数のピークがあり、北側のピークからは丸沼の奥に燧ヶ岳や五色沼と那須連山などを、東側からは女峰山や男体山、中禅寺湖などが見渡せます。

往復で約5時間ほどのコースです。土曜・日曜の混雑時は避け、平日登山がオススメです。

日時:2018年10月8日 山頂駅8:30→七色平分岐9:10→日光白根山10:50→分岐11:30→弥陀ヶ池11:35→分岐11:10→七色平北分岐12:15→山頂駅12:45


1 COMMENT

ペーパードライバー

早朝、東北自動車道を走り・・・
良いですね~🎶憧れます。
東京から電車で行くと
日帰りはきついですね?
いつか連休がとれたら
行ってみたいコースです。
最後の写真の風景を
自分の目で見てみたいです。

現在コメントは受け付けておりません。