窓の外を眺めながら…

金与正氏が「太平洋をわれわれの射撃場として活用する頻度は米国の行動にかかっている」とけん制

北朝鮮の金正恩国務委員長の妹、金与正党副部長は20日、朝鮮中央通信を通じて発表した談話で「太平洋をわれわれの射撃場として活用する頻度は米国の行動にかかっている」とけん制した。北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受けた国連安全保障理事会の招集や、韓米の合同訓練に戦略兵器を投入した米国に対する強い不満の表れとみられる。

金与正氏は前日も談話を出しており、今年3回目。同氏はこの日、「最近朝鮮半島で米軍の戦略的な打撃手段の動きが活発になっている」と指摘。「わが国の安全に直接・間接的な懸念があると判断される時には相応の対応に乗り出す」と警告した。また「情勢を激化させる狂信者にその代価を支払わせる意志に変わりがないことを今一度確言する」とした。

韓米が北朝鮮による18日のICBM発射に対抗し、19日に朝鮮半島上空で米軍の戦略爆撃機B1Bを動員した合同訓練を実施したことを指した発言のようだ。

韓国聯合ニュースから

1 COMMENT

あ~あ💦

もはや~ すごいよ💦
超大国の米国を相手に、あからさまに挑発して~💦
昔 子供の頃、身体の大きなヤツに馬乗りになられて、ボコボコにされてたけど、下になってた小さいやつは、最後まで「負けた!」と言わなかった~ 何度も何度もそんなことがあって、いずれは、大きい子と小さい子は、ちょ~仲良しになった~😁
そんな夢もあるのかな?💦

現在コメントは受け付けておりません。