WE CONNECT Challenge ~ Frontier #2

梁邦彦と共にするWECONNECTチャレンジ~Frontier二番目の映像が公開されました!

共に歩む価値を分かち合ってきたユネスコ、2020年大韓民国のユネスコ加盟70周年を迎え、コロナ渦による人々の孤立感を解消し、音楽を通して連帯感を生み出す「WECONNECTチャレンジ~Frontier」をシリーズで行います。

第2回目はユネスコ広報大使、梁邦彦の呼びかけにより国立国楽管弦楽団とUtopia Dream Orchestra が参加、伝統と現代、西洋と東洋の融合、新たなFrontierが誕生しました。どうぞお楽しみください!

3 COMMENTS

クロスオーバー♪

民族楽器が加わったオーケストラ。(まるで)♪クロスオーバーミュージック?!
70年代~80年代に掛けて流行した、音楽の垣根を越えたコラボミュージック。当時を想い出しました。(^^)
だけど、カヤグムをバイオリンの弓で弾いてる?のは初めて観ました。色々な演奏法があるのですね。(楽しかったです)

のんべ〜

가야금ではなく、아쟁と言う楽器です。
お化けが出て来るような音色だったので私が子供の頃は分からなかったけど、조선음악には 欠かせない哀愁
漂う旋律。
私は 아쟁の音を聞と、何故か조선시대の금수강산が脳裏に浮かんで、そこで막걸리한장したくなるんだな〜
これが🤤

お化け見たいな音色?!

のんべ~さんへ 
ご意見(楽器名)ありがとうございます。へ~、가야금では無いのですね。知りませんでした。弓で弾く音色(お化け見たいな?)気になりますね~。一度아쟁単体での演奏聴いてみたいですね。(^^)

(そういえば)お化け見たいな音色で想い出したのですが、西洋で”のこぎり”をくねらせながら弓で弾く演奏が、ドンピシャリ!お化けが出るぞーって音色でした。(笑)ジャック・ニコルソン主演の映画『カッコーの巣の上で』のテーマ曲がこれでした。(^^)

現在コメントは受け付けておりません。