街ぶら探訪~山手線沿線④美術館と春の公園―有楽町

今日はJR有楽町駅で下車。まず目指すのは東京国際フォーラム。

東京国際フォーラム

東京国際フォーラムは旧東京都庁跡地に建てられ、1997年に開館した総合文化施設です。東京の代表的な国際コンベンションセンターの一つにもなっています。

相田みつを美術館

東京国際フォーラムの中に相田みつを美術館があります。2003年に銀座からこちらに移転し、今に至ります。作品鑑賞に1時間、鑑賞後の余韻に浸りながら過ごすのに1時間という意味で、「人生の2時間を過ごす場所」をコンセプトに設計したそうです。

では作品鑑賞に1時間かけてみましょうか(笑)。広いリラクゼーションスペースなども確保してあり、新しい相田みつをと出逢ってください。

日比谷公園

ここは日本の「顔」ともいうべき公園で、日本で最初に作られた西洋型の公園です。

そのむかしこの公園の全域と有楽町駅周辺にかけての一帯は、日比谷入江と呼ばれる海域だった場所で、徳川幕府による江戸の都市開発にあたり、神田山の開削で得られた土砂などを使って埋め立てられたそうです。なので現在でも日比谷公園の標高は銀座や霞ヶ関より1mほど低いんですって。大地震が起きたら少し怖いかも…。

ここにも春の気配・・・。

3 COMMENTS

早く行きたいね(。•̀ᴗ-)✧

事あるごとに足を運ぶ「相田みつを」美術館。
ゆっくりと作品鑑賞に一時間…
足りないかも?笑笑
コロナが収束したら
大切な同級生と一緒に行く約束をしています。
覚えているかしら?(・・?

早く行きたい‼️

同級生です。覚えてます、友達だもの。笑

研修生

東京国際フォーラムには業界の研修会があって年に一度は必ず行きますが、相田みつを美術館は素通りしてました。昨年は新型コロナで研修会はお流れでしたが、今年行けたら覗いてみますね。こう言う情報はキッカケが無いとなかなか行けないですね。投稿者のおかげです。感謝🥲

現在コメントは受け付けておりません。