同窓会まで9か月…体調管理を怠らないで

「体験レポート①」冷たいものを飲めない

Aさん(女性、37歳)は胃が冷えて痛むことが多く、特に寒い日や、ビールや生ものなど冷たいものを食べると、痛みがひどくなります。

当院で足三里あしさんりの毎日お灸をすえて、その後に唐辛子の種を1つ絆創膏でツボに固定することを教わり、ヒマな時は、足三里の指圧を頻繁に行いました。指圧しているとお腹がゴロゴロと鳴って、調が動くのがはっきりと分かりました。お灸をすると下半身が温かくなり、足の甲までポカポカして、お腹の冷えも楽になるので、すっかり気にいってます。

いざ痛みが出てからお灸をしても時間がかかるのが分かったので、出かける前に事前にお灸をすえたり、飲む機会がある時も事前にお灸をすえて行くと、ずいぶんと違うのが分かって来ました。今では、毎日のお灸は習慣になっています。

同じ場所に毎日お灸をすえていると、あとが残りやすいので、熱さを感じたら、ちょっとだけ場所をずらしてすえています。お灸のおかげで、風邪も引きにくくなりました。

4 COMMENTS

未経験🔥

お灸か。ちょっと熱いけど我慢すると気持ち良いってイメージ。その内にお世話になるかもなぁ~。

時々先生😎

未経験🔥 さん
 お灸は上手にすえると、とても気持ち良いですよ~💓 で、私が元気なうちにお世話になりに来てくださいね👀まだまだ大丈夫だけどね😍

🌶️

唐辛子のタネ。捨てずにとっておくね笑😆

時々先生😎

🌶️ さん
 唐辛子の種は優れものですよ~💓カプサイシンが発熱効果があって、お灸の代わりになりますよ👍捨てずに、乾かして瓶などに保管しておくと、いざと言う時に役に立ちます😊

現在コメントは受け付けておりません。