同窓会まで9か月…体調管理を怠らないで

在日3世で柔道元韓国代表の安昌林「五輪金メダリストを育てたい」

東京五輪柔道男子銅メダリストで慶尚北道体育会所属柔道コーチの安昌林アンチャンリムは聯合ニュースのインタビューに応じ、「母国から多くのものを受け取ったので、これからはスポーツに励む多くの在日同胞の後輩たちに夢と希望を与えることに集中したい」と指導者としての目標を語った。

安昌林は京都で生まれ育ち、空手道場を営む父の影響で6歳の時に空手と柔道に入門した。空手は向いていなかったため柔道に専念し、筑波大2年生だった2013年に全日本学生柔道体重別選手権大会で優勝した。その後、大学の監督から日本代表を目指すためには帰化するよう勧められたが断り、翌14年に韓国に渡り、柔道の名門・竜仁大に編入した。

韓国籍だったため日本代表選考会に出られず、出場試合数が年に1~2回だったため試合に出たいという気持ちが強かったという。祖父の時代から「朝鮮人」だと差別されながらも韓国籍を守ってきた安昌林は「日本に帰化する考えはなく、むしろ韓国での選手生活に挑戦することになりました」と振り返った。

在日韓国人3世の安昌林はこのほど在外同胞庁の広報映像に出演し、在日同胞の生き方や韓国代表として活躍した経験を紹介した。

安昌林は14年に韓国の国内代表選抜戦で3位になり代表入りを果たした。世界選手権では15年と17年に銅メダルを獲得し、18年に初優勝。16年のリオデジャネイロ五輪では3回戦で敗退し苦杯をなめたが、21年の東京五輪で銅メダルに輝いた。同年に韓国代表を引退した。  

目標だった五輪での金メダル獲得は達成できなかったが、後輩を育成するという新たな目標に挑戦している。「在日同胞の後輩たちの手本となるようコーチ生活だけでなく全ての面で努力する姿勢を堅持していきます」と覚悟を語った。

3 COMMENTS

ご立派🙌

いつの間に選手を引退したんですね💦👀 知らなかった~💦 コーチなんだね~👀
でも、人間もしっかり成長しましたね😍
我々も在日に生を受けて、生まれながらに色んな「壁」が立ちはだかるけど、それを立派に乗り越えると「安昌林」コーチのような優秀な人間になるんですね~
壁を避けたり、後ろ向きに逃げると自分が成長できないもんね~💦

見習わなきゃ

安昌林も韓国語うまいね。
本国の人と同じぐらい堪能だなあ~

がんばれー🥋

韓国では在日の事をよく思わない人もいますね。昔ほどではないけど。
安昌林選手は在日韓国朝鮮人の株を上げるのに貢献してると思います。指導者になるんですね。頑張ってね、応援してます✌️

現在コメントは受け付けておりません。