窓の外を眺めながら…

【健康】足の血管の病気「下肢静脈瘤」を正しく知ろう

立ち仕事が多かった私の女房が、下肢静脈瘤の手術を受けて、すっかり良くなりました。下肢静脈瘤は男性よりも女性に多い血管の病気です。足の血管がボコボコして変色していましたが、最近では下肢静脈瘤を専門に扱うクリニックも増えていますね。

下肢静脈瘤とは足の血管がコブになる病気

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は足の血管の病気です。下肢とは足のことで、静脈瘤は血管(静脈)が文字どおりコブ(瘤)のようにふくらんだ状態のことをいいます。

下肢静脈瘤は良性の病気なので、急に悪化したり命にかかわることはありませんが、足のだるさや、むくみなどの症状が慢性的におこり生活の質(QOL)を低下させます。

「足がむくむ、だるい」が、発症のサイン

下肢静脈瘤の症状はほとんどがふくらはぎにおこります。足に血液がたまることによっておこるので、午後から夕方に症状が強くなるのが特徴です。

10人に1人が下肢静脈瘤 あなたもその1人かも

下肢静脈瘤は、男性よりも40歳以上の女性に多く認められ、年齢とともに増加していきます。日本では15歳以上の男女の43%、30歳以上では62%もの人に静脈瘤が認められたとの報告もあります。

また、出産経験のある女性の2人に1人、約半数の人が発症するというデータもあり、下肢静脈瘤はまだまだ認知はされていませんが、実は身近な病気なのです。

こんな人がなりやすい

下肢静脈瘤は女性に多く、歳を重ねるほど増えていきます。遺伝性があり、両親とも下肢静脈瘤の場合には将来的にはその子供も90%発症するというデータもあります。

特に妊娠時にはホルモンの影響により静脈が柔らかくなって弁が壊れやすくなるため発症しやすくなります。

また、立ち仕事、特に1ヶ所に立ってあまり動かない仕事(調理師・美容師・販売員など)の人は発症しやすく、1日10時間以上立っている人は重症化しやすい傾向にあるので注意が必要です。また、肥満や便秘なども下肢静脈瘤を悪化させる因子です。

治療方法はたくさんある

下肢静脈瘤の治療法は症状、病気の段階、患者さんの希望などによって決定します。 治療法には大きく分けて5つあります。

弾性ストッキングによる圧迫療法

弾性ストッキングは足を強く圧迫することで血液のうっ滞を防ぎ、血流をサポートする医療器具です。 足首から膝、腿に向かって血流を押し上げるために、足首がもっとも圧迫圧が強く上部に行くにしたがって徐々に圧迫圧が緩むように加工されています。

硬化療法(注射による治療)

硬化療法は、硬化剤という血管壁を癒着させる特殊な薬液を注入して、治療対象となる血管内腔を閉鎖する方法です。麻酔が不要なので外来で簡単に実施することができます。

治療後は弾力ストッキングや包帯による圧迫が1~2週間程度必要ですが、日常生活に特に制限はありません。

ストリッピング手術

下肢静脈瘤の根治的な治療法として古くから行われている手術です。弁不全を起こしている静脈を引き抜いてしまう方法。足の付け根や膝など皮膚を2~3cm程度切開し、弁不全を起こした静脈の中に手術用ワイヤーを通して、 この血管を引き抜きます。

再発率が低い治療方法です。全身麻酔や下半身麻酔、局所麻酔(TLA麻酔)で行います。入院が必要な場合があります。

レーザー治療

先端からレーザー光を発するカテーテルを膝付近の静脈からメスで皮膚を切ることなく挿入します。 そして、逆流を起こした静脈をレーザー光が発する熱で焼灼し、閉塞させます。 これで下肢の静脈血のうっ血がなくなり、様々な症状は改善します。

血管接着治療(CAC)

下肢静脈瘤の原因となっている静脈に、約2mm程度のカテーテルを挿入します。 静脈の中に、0.1mlの生体用接着剤を注入し、一定時間の間、静脈を圧迫して血管の壁を接着させます。 その結果、静脈の逆流は止まり、静脈瘤は縮小・消失していきます。

まとめ

下肢静脈瘤の治療は、従来はストリッピングなどといった切開を中心とした、血管を直接引き抜くものが主な治療でした。現在は、保険適用となったカテーテルを用いた血管内治療が行われています。

血液の逆流を止めることで、静脈瘤のだるさや浮腫、見た目のコブの治療を目的とします。重大な病気ではありませんが、症状を感じたら、早めに専門クリニックを受診し、現在の状態や治療法を医師に相談されることをお勧めします。

2 COMMENTS

外反母趾も気になる~💦

あるある~ 自分の足にもある~👀💦
男だから、まぁ~いっかと思ってたけど、やっぱり治療した方が良いのかな?
夏に半ズボンをはくと、カッコ悪いもんな~👀💦 昔は美脚で自慢だったのに~😁

職業病かなぁ

俺もなってた〜
蜘蛛の巣状だ〜💦
包帯で締め付けようかな?
とりあえず医者に行こうっと🏃🏻🏃🏻🏃🏻

現在コメントは受け付けておりません。