梅雨明けから本格的な夏へ

もしトランプがアメリカの大統領になったら

現在、世界の首脳はトランプ前大統領の再登場に身構えている。それは過去のトランプ氏の外交政策が、戦略よりも個人的な判断やスタンドプレーで行われ「予測不能」と言われているからだ。 もしトランプ氏が当選したら、どのような政策を打ち出すのか、予想がしがたいのだ。

トランプ氏が、外交のグランドデザインを持っているとは思えない。 第1期政権の4年間に安全保障担当補佐官は4人も更迭されている。 更迭された一人であるジョン・ボルトン氏は「トランプは国家利益より、自分の利益を優先する」と語っている。経験と知識が豊富な外交専門家ではなく、大統領に「忠誠」を尽くす人物が登用され、専門家は政権から排除された。「忠誠」を尽くすという意味では、北朝鮮の金正恩氏と似ていると言える。

トランプ氏は「アメリカ・ファースト」の外交政策を掲げたが、この政策は突然登場したわけではない。9.11後ブッシュ大統領は、先制攻撃を容認する「ブッシュ・ドクトリン」を掲げ、イラク侵攻を行った。

これに対してトランプ氏の「アメリカ・ファースト」は、「一国主義」と「孤立主義」が柱となっている。第1期のトランプ政権の外交政策の特徴は、他国間の通商協定や国際機関からの相次ぐ離脱であり、軍事的な撤退であった。トランプ氏は、集団的安全保障や他国間通商協定を否定し、アメリカの主張を通せる「二国間協定」を重視する政策をとった。

反対に現在のバイデン大統領は「外交政策を民主主義と権威主義との対立」という枠組みで捉え、軍事と経済の両面で同盟国との関係強化を進めている。

トランプ氏は国内政策を重視していて、国際政治や外交政策の明確な枠組みを持っているわけではない。もしトランプ氏がアメリカの大統領になったら、自己顕示とアメリカの利益だけを最優先に外交政策が決定されることは、第1期政権の時と変わらないだろう。

トランプ氏は、権威主義的なロシアのプーチン大統領や、中国の習近平国家主席、北朝鮮の金正恩総書記を「強い指導者」として礼賛しており、外交政策にも影響を及ぼすだろう。

過去の第1期政権では、トランプ・金正恩会談は3度行われている。具体的な成果はなかったが、トランプ氏は北朝鮮の要望に応じて、米韓合同軍事演習を中止した。一方のバイデン氏は、米韓合同軍事演習を再開し北朝鮮側は激しく反発している。 最近トランプ氏はSNS上に「金正恩氏とは極めて友好的な関係にある」と書き込んでいる。

昨年12月、アメリカ政治メディア「 ポリティコ」は、北朝鮮が核開発を凍結する見返りとして、経済制裁の緩和をトランプ氏が検討していると報じた。北朝鮮に核放棄を迫る交渉は 先送りになる可能性がある。こうした政策が行われれば、従来の北朝鮮政策からの重大な転換になる。

また、北朝鮮に対して融和的であるのとは対照的に、韓国には極めて厳しい姿勢を取る可能性がある。軍事費の増額を求めると同時に、米軍の朝鮮半島からの撤退を示唆する発言を繰り返し行っている。これはバイデン氏が進めている日米韓の同盟関係にも変化が出てくるかもしれない。

そして日本に対する言及は今のところ全くないが、大統領として2019年に来日した時にトランプ氏は「日米安保条約から撤退しない」と語り、更なる軍事力強化を求めている。

こう見ると今のバイデン大統領 より、トランプ氏が大統領になった方が北朝鮮にとっては有利な状況かもしれない。 11月のアメリカの大統領選挙の結果でどう変わるのか、いまから注目していきたい。 

2 COMMENTS

北に何億ドルか寄付してよ~トラさん🐯

ジョンウン将軍のトランプを見つめるまなざしが怪しい~👀😆
この二人、相思相愛なのかな?
まぁ~北の国民が幸せになれるなら、これも良しだけどね~😊
バイデンは、見た目は優しいおじさんで、良い人っぽいけど、結構腹黒い人だと言ううわさもあるし、私は「またトラ」に一票かな?🤔

変人?偉人?

トランプが大統領になったらアメリカ🇺🇸はNATOから離脱するんだよね。ウクライナや西側はどうするんだ⁈世界のパワーバランスを簡単にかえることが出来る彼は変人?偉人?

現在コメントは受け付けておりません。