今日はモンダンヨンピル映画祭

写真で見る在日⑲-人差し指の自由を

外国人登録証明書

1947年5月2日に在日朝鮮人を管理する目的の外国人登録令が公布され、サンフランシスコ条約発効後(1952年4月)には外国人登録法となった。

指紋押捺の様子

在日にはこの外登証の常時携帯義務があり、違反者には重い罰則があった。また14歳以上には指紋押捺制度(1982年16歳以上に変更)があり、3年に1回、両手の10指すべての指紋を採取された。

指紋押捺を拒否する韓宗碩氏(1980年9月)

1980年9月、東京に住む韓宗碩さんは外国人登録法に定められた指紋押捺を「屈辱の烙印」だと拒否した。それは当初「たった一人の反乱」と呼ばれた。その後、若い世代を中心の輪が広がり、日本人をも巻き込んだ80年代の市民運動に発展した。

市民運動家で結成された「指紋押捺拒否予定者会議」1984年
在日青年会によるデモ(1982年8月)

運動の高まりに対し、法務省は法律違反という建前から「逮捕」「再入国不許可」「在留不許可」などの弾圧を行った。

指紋押捺を拒否する辛仁夏さん(1982年8月)

民団は1983年9月から100万人署名運動を繰り広げ、181万7000人の署名を集めた。

在韓婦人会による外国人登録法改正要求デモ(1984年10月)

1985年には指紋押捺の拒否・留保者が1万人を越えるほど運動の裾野は広がり、日本政府は黒インクを水溶液にし、押捺を生涯1回限りにするなど、小手先の「改正」で矛先をかわそうとした。そして2000年4月、ついに外国人登録法の指紋押捺は全面撤廃された。

スポンサーリンク

1 COMMENT

おう~ 夏

べっとり指紋を取られた記憶がありますよね~💦
次第に、透明な台に指を載せるようになり、最終的に撤廃~👍
あああ~ 良かった~🤔 なんか犯罪者みたいでしたもん~💦
一番上の外登を持ってた時、千円札をはさんで、財布がわりにしてました~😢

現在コメントは受け付けておりません。